学科 施工(躯体工事)建設機械 11-1 建設機械

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

3.施工(躯体工事)
11° 建設機械

11-1 建設機械
下記の正誤を判断せよ。

①湿地ブルドーザーの平均接地圧は、全装備質量が同程度の場合、標準のブルドーザーの半分程度である。

答え

 ◯

②タイヤローラーは砂質土の締め固めに適しており、ロードローラーに比べて機動性に優れている。

答え

 ◯

③アースドリル掘削機は、リバース掘削機に比べ、一般により深い掘削能力がある。

答え

 ×

[ 解説 ]
機種と孔径により、掘削深さは異なるが、一般的にはアースドリル掘削機では50m程度リバース掘削機では70m程度の掘削能力がある

 

④バックホウは、機械の位置より高い場所の掘削に適し、山の切取りなどに用いるが、基礎の掘削には適さない。

答え

 ×

[ 解説 ]
バックホウは、バケットを上から下に操作するので、基礎の掘削等、機械の位置より低い場所の掘削に適している。設問は、パワーショベルの説明である

  
 

⑤クラムシェルは、掘削深さが40m程度までの軟弱地盤の掘削に用いられる。

答え

 ◯

⑥ショベル系掘削機では、一般にクローラー式の方がホイール式よりも登坂能力が高い。

答え

 ◯

⑦ロングスパン工事用エレベーターの定格速度は、毎分10m以下である。

答え

 ◯

⑧建設用リフトの停止階には、荷の積卸口の遮断設備を設ける。

答え

 ◯

⑨最大混合容量 4.5m 3のトラックミキサー車の最大積載時の総重量は、約20tである。

答え

 ◯