学科 共通 設備 1-1.給水設備等

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
1°.設備

1-1.給水設備等
下記の正誤を判断せよ。

①水道直結直圧方式は、上水道の配水管から引き込み、直接各所に給水する方式である。

答え

 ◯

[ 解説 ]
水道直結直圧方式

②高置水槽方式は、受水槽の水をポンプで建物高所の高置水槽に揚水し、この水槽から重力によって各所に給水する方式である。

答え

 ◯

③圧力水槽方式は、受水槽の水をポンプで圧力水槽に送水し、圧力水槽内の空気を圧縮・加圧して、その圧力によって各所に給水する方式である。

答え

 ◯

④ポンプ直送方式は、水道引込み管に増圧ポンプを接続して、各所に給水する方式である。

答え

 ×

[ 解説 ]
ポンプ直送方式は、受水槽の水を給水ポンプで直接加圧して建物内部の必要な箇所へ直送する方式である。設問の記述は、水道直結増圧方式である。

⑤超高層建築における給水系統は、中間水槽や減圧弁を用いてゾーニングを行う。

答え

 ◯

⑥上水の給水系統は、クロスコネクションをしてはならない。

答え

 ◯

⑦ウォーターハンマーの防止のため、流速を減ずるよう配管の管径を太くする。

答え

 ◯

[ 解説 ]
エアチャンバーは給水管内の水の流れを急閉したときに生ずるウォーターハンマーの水撃圧を吸収する装置である。

⑧給水タンクの内部に入って保守点検を行うために設ける円形マンホールの最小内法直径は、45㎝である。

答え

 ×

[ 解説 ]
給水タンクには、ボールタップなどの保守点検及び水槽内の清掃・塗替えなどに便利な位置に、内径600mm以上のマンホールふたを設ける。

学科 共通 設備 1-2.排水設備

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
1°.設備

1-2.排水設備
下記の正誤を判断せよ。

①配水トラップの深さは、阻集器を兼ねるものを除き、5~10㎝とする。

答え

 ◯

②通気管は、サイホン作用によるトラップの封水切れを防止するために設けられる。

答え

 ◯

[ 解説 ]
・通気弁を有しない通気管の末端は、屋根を貫通して大気中に開口する場合、屋根面から20㎝以上立ち上げる。
雨水排水立て管は、汚水排水管若しくは通気管と兼用し、又はこれらの管に連結してはならない。

③屋内の自然流下式横走り排水管の最小勾配は、管径φ100mmの場合、1/100とする。

答え

 ◯

④排水再利用配管設備は、塩素消毒その他これに類する措置を講ずれば、水栓に排水再利用水である旨の表示を必要としない。

答え

 ×

[ 解説 ]
排水再利用配管設備は、塩素消毒をの他これに類する措置を講じた場合でも、水栓に排水再利用水であることを示す表示をする

⑤給排水管は、エレベーターの昇降路内に設けることができる。

答え

 ×

[ 解説 ]
給排水管は、エレベーターの昇降路内に設けてはならない


(屋外排水設備)
⑥排水管と給水管とを平行にして埋設する場合は、原則として両配管の間隔を500mm以上とし、排水管は給水管の下方に埋設する。

答え

 ◯

⑦構内舗装道路下の排水管には、遠心力鉄筋コンクリート管の外圧案を使用した。

答え

 ◯

[ 解説 ]
遠心力鉄筋コンクリート管の排水管は、一般に、埋設下流部より上流部に向けて行い、勾配1/100以上とする。

⑧浸透トレンチの施工において、掘削後は浸透面を締め固め、砕石等の充填材を投入した。

答え

 ◯

[ 解説 ]
浸透トレンチの施工において、地盤の浸透機能を低下させないため、浸透面締め固めないものとし、掘削後は床付けを行わず、直ちに砕石等の充填材を投入する。

⑨管渠の排水方向や管径が変化する箇所及び管渠の合流箇所には、ます又はマンホールを設ける。

答え

 ◯

⑩雨水用排水ます及びマンホールの底部には、排水管等に泥がたまらないように深さ50mm以上の泥だめを設ける。

答え

 ×

[ 解説 ]
雨水用排水ます及びマンホールの底部には、排水管等に泥がつまらないように深さ150mm以上の泥だめを設ける

・埋設排水管路の直線部の枡は、埋設管の内径120倍以内ごとに設ける。
・合流式下水道の場合、雨水系統と汚水系統が合流する合流枡は、臭気対策としてトラップ枡とすることが望ましい。

学科 共通 設備 1-3.空気調和設備

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
1°.設備

1-3.空気調和設備
下記の正誤を判断せよ。

①空気調和機は、一般にエアフィルタ、空気冷却器、空気加熱器、加湿器及び送風機で構成される。

答え

 ◯

②圧縮式冷凍機は、圧縮機、凝縮器、膨張弁、蒸発器の4つの主要部分から構成さる。

答え

 ◯

③冷却塔は、冷凍機内で温度上昇した冷却水を空気と直接接触させて、気化熱により冷却する装置である。

答え

 ◯

④パッケージユニットは、機内に冷凍機を内蔵するユニット形空調機である。

答え

 ◯

⑤ファンコイルユニット方式の2管式配管は、4管式に比べてゾーンごとの冷暖房同時運転が可能で、室内環境の制御性に優れている。

答え

 ×

[ 解説 ]
ファンコイルユニット方式2管式は季節ごとに冷房と暖房を切り替える必要があり、4管式はゾーンごとの冷暖房同時運転が可能で室内環境の制御性に優れている

⑥単一ダクト方式におけるCAV方式は、負荷変動に対して風量を変える方式である。

答え

 ×

[ 解説 ]
単一ダクト式CAV方式は、定風量方式ともいい、空調機で処理した空気を各階・各室に送る方式で、風量は常に一定である。
単一ダクト方式におけるVAV方式変風量方式)は、負荷変動に応じて供給風量が制御される方式である。

⑦二重ダクト方式は、2本のダクトで送風された温風と冷風を、末端の混合ユニットで負荷に応じて混合して吹き出す方式である。

答え

 ◯

[ 解説 ]

学科 共通 設備 1-4.電気設備

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
1°.設備

1-4.電気設備
下記の正誤を判断せよ。

①電圧の種別で低圧とは、直流にあっては600V以下、交流にあっては400V以下のものをいう。

答え

 ×

[ 解説 ]
電圧の種別で低圧とは、直流にあっては750V以下交流にあっては600V以下のものをいう

②電線の太さは、許容電流、電圧降下及び機械的強度から決められる。

答え

 ◯

③フロアダクトは、使用電圧が300V以下で、屋内の乾燥した場所の床埋込配管に使用される。

答え

 ◯

[ 解説 ]
フロアダクト内やセルラダクト内では、原則として、電線に接続点を設けない。

④バスダクトは、電流の容量の大きい幹線に使用される。

答え

 ◯

⑤合成樹脂管内、金属管内及び可とう電線管内では、電線に接続店を設けてはならない。

答え

 ◯

⑥大型の動力機器が多数使用される場合の電気方式には、単相3線式100V/200Vが用いられる。

答え

 ×

[ 解説 ]
大型の動力機器が多数使用されている工場や一般ビルの幹線として用いられるのは、三相3線式200V又は三相4線式であり、単相3線式100/200Vは比較的容量の大きい照明・コンセント用の幹線に用いられる。

⑦低圧屋内配線における電線の接続は、原則としてアウトレットボックスなどの内部で行う。

答え

 ◯

⑧低圧屋内配線のための金属管の厚さは、コンクリートに埋込む場合、1.2mm以上とする。

答え

 ◯

⑨低圧屋内配線の使用電圧が300Vを超える場合、金属製の電線接続箱には接地工事を施す。

答え

 ◯

⑩ ケーブルラックでは、ラックの金属製部分には、接地工事を施してはならない。

答え

 ×

[ 解説 ]
ケーブルラックでは、ラックの金属部分には、原則として、使用電圧が300V以下の場合には、D種接地工事を、300Vを超える場合にはC種接地工事を施す

学科 共通 設備 1-5.消火設備

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
1°.設備

1-5.消火設備
下記の正誤を判断せよ。

①屋内消火栓設備は、消火活動上必要な消防隊専用の施設をして設置される。

答え

 ×

[ 解説 ]
屋内消火栓設備は、消防隊が火災現場に到達し、活動を開始するまでの初期消火用で、人が操作することによって火災を消火する設備であり、水源、加圧送水装置、起動装置、屋内消火栓、配管・弁類及び非常電源等から構成されている。

②スプリンクラー消火設備は、スプリンクラーヘッドの吐水口が煙を感知して自動的に開き、散水し消火する。

答え

 ×

[ 解説 ]
スプリンクラー消火設備は、スプリンクラーヘッドの吐水口が熱を感知して自動的に開き、散水、消火する。ヘッドは、閉鎖形と開放形があり、一般には閉鎖形が用いられる。煙を感知して自動的に散水するものではない。

③水噴霧消火設備は、噴霧ヘッドから微細な霧状の水を噴霧することにより、冷却作用を窒息作用により消火する。

答え

 ◯

[ 解説 ]
水噴霧消火設備は、汚損は腐食性があり、博物館図書館不適当である。自動車車庫などの火災に適している

④粉末消火設備は、消炎作用が大きく、油などの表面火災に適している。

答え

 ◯

⑤二酸化炭素消火設備は、電導性や汚損がなく、電気室などに適している。

答え

 ◯

⑥泡消火設備は、特に引火点の低い油類による火災の消火に適し、主として泡による窒息作用により消火する。

答え

 ◯

⑦不活性ガス消火設備は、二酸化炭素などの消火剤を放出することにより、酸素濃度の希釈作用と、気化するときの熱吸収による冷却作用により消火する。

答え

 ◯

⑧連結散水設備は、地下街など、火災が発生すると煙が充満して消火活動が困難な場所に設置される。

答え

 ◯
[ 解説 ]

学科 共通 設備 1-6.その他設備

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
1°.設備

1-6.その他設備
下記の正誤を判断せよ。

(避雷設備)
①高さが15mを超える建築物には、原則として避雷設備を設ける。

答え

 ×

[ 解説 ]
高さ20mを超える建築物には、有効な避雷針を設けなければならない。周囲の状況によって安全上支障のない場合を除く。

②危険物を貯蔵する倉庫は、高さや貯蔵量にかかわらず、避雷設備を設けなればならない。

答え

 ×

[ 解説 ]
指定数量10倍以上の危険物を貯蔵する倉庫には、総務省令で定める避雷針を設ける。周囲の状況によって安全上支障のない場合を除く。

③受雷部は、保護しようとする建築物等の種類、重要度等に対応した4段階の保護レベルに応じて配置する。

答え

 ◯

④鉄筋コンクリート造の鉄筋は、構造体利用の引下げ導線の構造部材として利用することができる。

答え

 ◯

[ 解説 ]
鉄骨造鉄骨は、構造体利用の引下げ導線の構成部材として利用することができる。

(昇降設備)
⑤乗用エレベーターにあっては、1人当たりの体重を65kgとして計算した最大定員を明示した標識を掲示する。

答え

 ◯

⑥自家発時管制運転は、停電時に自家発電源でエレベーターを各グループ単位に順次避難階に帰着させるものである。

答え

 ◯

⑦地震時管制運転は、地震感知器との連動によって地震時にエレベーターを避難階に停止させるものである。

答え

 ×

[ 解説 ]
地震時管制運転は、P波感知器またはS波感知器により地震を感知し、運転しているエレベーターを自動的に最寄階へ停止させた後に運転を休止させるもの
浸水時管制運転は、地盤面より下に着床階がある場合で、洪水等により浸水の恐れがあるときに、エレベーターを避難階に帰着させるものである。

⑧火災時管制運転は、火災時にエレベーターを避難階に呼び戻すものである。

答え

  ◯

⑨エレベーターの昇降路内には、原則として、エレベーターに必要な配管以外の配管設備を設けてはならない。

答え

 ◯

[ 解説 ]
・勾配が8度を超え 30度以下のエスカレーターの踏段の定格速度は、45m/分とする。
・エスカレーターの踏段の幅1.1m以下とし、踏段の両側に手すりを設ける。

★その他、参考
【 照明設備 】
・ハロゲン電球は、光色や演色性が良く、店舗などのスポット照明に用いられる。
・Hf蛍光ランプは、高効率、長寿命でちらつきが少なく、事務所などの照明に用いられる。
・低圧ナトリウムランプは、人工光原のうちで最も効率が高く、橙黄色の単色であるため、演色性はなく、一般照明には不向きで道路やトンネルの照明に用いられる。
・高圧水銀ランプは、長寿命であり、屋外の競技場、公園、庭園などの照明に用いられる。

学科 共通 その他 2-1 数量積算

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
2°.その他

2-1 数量積算
数量積算に関して、「公共建築数量積算基準」(国交省)に照らして、下記の正誤を判断せよ。

①根切り又は埋戻しの土砂量は地山数量とし、掘削による増加、締固めによる減少は考慮しない。

答え

 ◯

[ 解説 ]
根切り、埋戻し、山留め、排水等の計画・計算は、原則として計画数量とする。
土砂量は地山数量とし、掘削による増加、締固めによる減少は考慮しない。

②開口部の内法の見付面積が1カ所当たり0.5m 2以下の場合は、原則として、型枠の欠除はしない。

答え

 ◯

[ 解説 ]
開口部の内法の見付面積が1箇所当たり0.5m 2以下の場合は、原則として、型枠の欠損はしない。

③フープ(帯筋)の長さは、柱のコンクリート断面の設計寸法による周長を鉄筋の長さとする。

答え

 ◯

[ 解説 ]
フープ、スターラップの長さは、それぞれ柱又は梁のコンクリートの断面の設計寸法による周長を鉄筋の長さとする。

④圧接継手による鉄筋の長さの変化はないものとする。

答え

 ◯

[ 解説 ]
圧接継手の加工のための鉄筋の長さの変化はないものとする。

⑤溶接の数量は、原則として、種類に区分し、溶接断面形状ごとに長さを求め、隅肉溶接脚長9mmに換算した延べ長さとする。

答え

 ×

[ 解説 ]
原則として、溶接は種類に区分し、溶接断面形状ごとに長さを求め、隅肉溶接脚長6mmに換算した延べ長さとする

⑥ボルト類のための孔明け、開先加工、スカラップ等による鋼材の欠除は、原則としてないものとする。

答え

 ◯

[ 解説 ]
ボルト類のための孔明け、開先き加工、スカラップ及び柱、梁等の接続部のクリアランス等による鋼材の欠損は、原則としてないものとする。
1カ所当たり面積0.1m2以下のダクト孔等による欠除もこれに準ずる。

⑦鉄骨鉄筋コンクリート造におけるコンクリートの数量は、コンクリート中の鉄骨と鉄筋の体積分を差し引いたものとする。

答え

 ×

[ 解説 ]
コンクリートの数量
は、鉄筋及び小口径管類によるコンクリートの欠除はないものとする。SRCにおけるコンクリート中の鉄骨の体積分は差し引いたものとする。
鉄骨によるコンクリートの欠除は、定められた方法より計測・計算した鉄骨の設計数量について 7.85t/m3を1.0m3として換算した体積とする。

⑧仕上げの凹凸が0.05m以下のものは、原則として、凹凸のない仕上げとみなした面積とする。

答え

 ◯

[ 解説 ]
各部分の仕上げの凹凸が0.05m以下のものは、原則として、凹凸のない仕上げとみなした面積とする。

学科 共通 その他 2-2 測量・墨出し

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
2°.その他

2-2 測量・墨出し
下記の正誤を判断せよ。

< 測量 >
①平板測量は、アリダードと巻尺で測量した結果を、平板上で直接作図していく方法である。

答え

  ◯

[ 解説 ]

 

②直接水準測量は、レベルと標尺によって高低を測量する方法である。

答え

  ◯

③トラバース測量は、測点を結んできた多角形の各辺の長さと角度を、順次測定していく方法である。

答え

  ◯

[ 解説 ]

④スタジア測量は、レベルと標尺によって2点間の距離を正確に測定する方法である。

答え

 ◯

[ 解説 ]
スタジア測量は、トランシットと標尺を利用して、間接的に水平距離高低差を同時に求めるもの

< 墨だし >
⑤建物四隅の基準墨の交点を上階に移す場合、2点を下げ振りで移し、他の2点はトランシットで求める。

答え

 ×

[ 解説 ]
建物四隅の基準墨の交点を上階に移す場合、建築物四隅の床に小さな穴を開けておき、下階の基準墨を四隅とも下げ振りで上げ、その墨のXY方向の交点をトランシットより角度を確認して上階の基準墨とする。

 

⑥床面の通り芯などの基準墨は、一般に1m離れた位置に返り墨を設ける。

答え

 ◯

⑦仕上げ部材を取り付けるための墨は、近接する既に出された他の部材の仕上げ墨を基準として墨出しを行う。

答え

 ×

[ 解説 ]
仕上げ部材を取り付けるための墨は、床の躯体基準墨を利用して、壁等に鉛直に立ち上げた墨と基準レベル墨により独自に出したものとする

⑧鉄筋コンクリート造では、躯体工事用の各階ごとの基準高さは1階の基準高さから確認する。

答え

 ◯

⑨鉄骨鉄筋コンクリート造では、一般に鉄骨柱を利用して躯体工事用の基準高さを表示し、これによりレベルの墨出しを行う。

答え

 ◯

学科 共通 その他 2-3 舗装

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

2.共通
2°.その他

2-3 舗装
下記の正誤を判断せよ。

①プライムコートは、路盤の仕上がり面を保護し、その上のアスファルト混合物層との接着をよくするために施す。

答え

 ◯

②フィラーは、アスファルトと一体となって、混合物の安定性、耐久性を向上させるために施す。

答え

 ◯

[ 解説 ]
フィラーは、石灰岩や他の岩石を粉砕した石紛、消石灰、セメント等が用いられ、アスファルト材料と一体となって作用し、混合物の安定性、耐久性を向上させる。

③シールコートとは、アスファルト混合物からなる基層と表層の接着をよくするために施す。

答え

  ×

[ 解説 ]
シールコート
は、アスファルト表層の劣化防止及び耐水性の目的で、アスファルト表層に散布
(1.0ℓ/m2程度)するもの。

タックコートは、アスファルト混合物からなる基層と表層の接着をよくするために施す。

④舗装用のストレートアスファルトは、一般地域では主として針入度60〜80種類のものが使用される。

答え

 ◯

⑤粒度調整砕石とは、粒度が異なる砕石などを2種類以上混合して、所要の粒度範囲を持つように調整した砕石である。

答え

 ◯

⑥CBRは、砕石などの粒状路盤材料の強さを表し、修正CBRは、路床や路盤の支持力を表すものである。

答え

 ×

[ 解説 ]
CBR
は、路床、路盤の支持力を表す指標であり、修正CBRは路盤材料や盛土材料の強さを表す指標である。

⑦遮断層は、路床が軟弱な場合、軟弱な路床土が路盤用材料と混ざることを防止するため、路盤の下に設ける砂等の層である。

答え

 ◯

⑧路床土の安定処理に用いられる安定材は、一般に砂質土には石灰を、シルト質土及び粘性土にはセメントを用いる。

答え

 ×

[ 解説 ]
軟弱な路床土の安定処理に用いる安定剤は、砂質土にはセメントシルト質土及び粘性土には石灰を用いる。

⑨排水性アスファルト舗装は、透水性のある表層の下に不透水層を設けて、雨水が不透水層上を流下して速やかに排水され、路盤以下に浸透しない構造としたものである。

答え

 ◯

⑩ アスファルト混合物の締固め作業は、一般に継目転圧、初転圧、二次転圧及び仕上げ転圧の順に行う。

答え

 ◯

[ 解説 ]
・アスファルト混合物等の敷均し時の温度は、110℃以上とする。
・アスファルト舗装の舗装終了後の交通解放は、舗装表面の温度が50℃以下になってから行う。