1級建築施工管理技士 建具工事 鋼製建具は錆びやすい

建築品質 外部建具


059)鋼製建具は錆びやすい

雨がかりにある外部鋼製建具は雨が入りやすい。特に上枠や丁番部分から入りやすい。また、縦枠の足元や扉の下端や錆びやすい。

1.外部鋼製建具には必ず庇を計画する

外部鋼製建具は雨がかりにしないことが重要である。大きめの庇を設ける必要がある。庇が設けられない場合は、大きめの水切りを設ける。


外部鋼製建具のポイント

①セミ・エアタイト(JIS A4702 A-3仕様)とし、枠に気密材の合成ゴムを入れる。

②縦枠足元は h=300mm程度までステンレス(SUS304)とする。

③くつずりはSUS304 t=1.5mmを縦枠下に通して両端部は蓋をする。縦枠とくつずりは裏側で水密溶接し、止水を確実にする。

④扉下端も錆びやすいので、表面材の鉄板を曲げ込む納まりとする。

⑤ヒンジはSUS丁番を用い、枠に取り付けた補強板に固定する。枠内部の丁番と補強板まわりはシールする。ピポットヒンジは腐食するので外部扉には採用しない。

⑥外部側の枠見付け寸法は25mmを確保し、丁番と壁の間に隙間を設け、枠のシールが確実に施工できるようにする。

⑦外壁同面おさまりの鋼製建具は上枠部にSUS水切りを設け、二重シールおさまりとする。

2.外部鋼製建具の内開きには排水溝を設ける

やむをえず内開きのドアにするときは、雨がかりにしないことはもちろんであるが、次の対策が必要である。

①完全エアタイト(JIS A 4702 A-4仕様)とする。締まり金物はグレモンハンドルとする。

②雨がドアに吹きつけた時を想定して、扉両サイドと扉下部に水返しを設ける。

③下枠部やコーナー部からの雨水侵入に対して、くつずりに排水溝を設け、排水する。逆流防止弁付きの排水口を設ける。

1級建築施工管理技士 建具工事 ステンレス製建具は雨が入りやすい

建築品質 外部建具


060)ステンレス製建具は雨が入りやすい

ステンレス製建具は錆びにくく、丈夫で高級感がある。しかし、ステンレス製建具はステンレス(SUS)鋼板を曲げ加工して組み立てるため、アルミ建具ほど精密な加工ができず、止水性の確保が難しい。建具枠組立部のメタルタッチの部分、押縁のビス止めのビス穴部などが漏水の原因になっている。

1.ステンレス材も錆びる

ステンレス鋼板はJIS G 4305により、原則SUS304とする。SUS304は通常は錆びないが、使用する環境や仕上げによって、鉄粉などが付着して「もらい錆」を発生することがある。大気汚染がある地域や海浜地域では、さらに錆びにくいSUS316とする。ステンレスはスチールに比べ線膨張率が大きく熱伸縮が大きいので、長い部材のジョイント部は熱伸縮に対応できるように、目地を設けるなどが必要である。

2.ステンレス製建具の止水性確保

外部のステンレス建具枠は板材を曲げ加工し、組立部は溶接を原則とする。縦枠と上枠は同面の留め溶接し、HL(ヘアライン)仕上げなどとする。縦枠と下枠(くつずり)は下枠通しで水密溶接にする。大型のステンレス製建具や連窓など現場組立(ノックダウン)する場合は、ジョイントをビスやブルと接合し、シールジョイントで止水する。


ステンレス製建具の加工

ガラスの押さえ(押縁)は外部側とする。押縁を内部側にすると、雨水や結露水が浸入する。あらかじめ枠にビス受けを設けて、ビスが枠を貫通しないようにする。

押縁断面

また、ガラス溝に入った水は押縁の下部や両端部から排水されるようにする。ガラス溝底も外部側へ勾配を設ける。

ガラスの押縁

3.ステンレス鋼板の曲げ加工

ステンレス鋼板の曲げ加工には普通曲げと角出し曲げがある。普通曲げは一般のスチール建具と同じで角度が曲面となる。角出し曲げは鋼板をあらかじめV溝に加工してから曲げるので角がシャープになる。切込み後の板厚(残り厚)が0.75mm以下の時は裏板を入れる。裏板は同厚のSUS鋼板または亜鉛めっき鋼板(板厚1.6mm以上)に錆止め塗装2回塗りとする。残り厚が設計図に指定されていない場合は確認する。

 

1級建築施工管理技士 建具工事 玄関ガラススクリーン足元の防水

建築品質 外部建具


061)玄関ガラススクリーン足元の防水

玄関には雨が吹き込むこともある。傘の水なども持って入る。そんな玄関の下に地下階があるときは、玄関の内側まで防水する。持ち込む水が少ないからといって防水しなければ、下階に漏水する。

1.玄関の防水範囲を決める

玄関の内と外を区切るスクリーンなどで防水範囲はしきられる。玄関マット部など水を持ち込む部分は、内部でも防水することになる。玄関マットの枠や仕上げの見切りが防水の端部になる。建具下枠下部とマット枠や見切りの下部に防水立上げプレートを設け、防水を立上げる。


玄関スクリーンと防水範囲


スクリーン足元防水納まり

2.スクリーンの内外を防水する

スクリーン(建具)の下枠は必ず躯体に固定しなけばならない。したがってスクリーンの内外を防水するとき、防水は内外それぞれスクリーン足元に立ち上げなければならない。方法としては、建具を取り付けるベース金物を通しで床に固定し、それに内外両側から防水材を立上げる。保護コンクリートは動くので、防水をスクリーンの下に通して、スクリーン下枠を保護コンクリートに固定してはならない。

3.玄関のフロアーヒンジは躯体で支持する

前述の通り、防水する部分に取り付けるスクリーン(サッシ)は躯体で支持するのはもちろんであるが、玄関扉のフロアーヒンジも保護コンクリートに支持させてはならない。フロアーヒンジも必ず躯体に固定する。よって防水はフロアーヒンジを取り巻くように立上げることになる。

4.床マット下には排水計画を行う

床マットの下には排水口を設ける。床マットの下は水平に仕上げ、雨水を溝で排水口に導く。排水口かだ配管で外部最寄りの会所または側溝へ排水する。また、自動扉のレールの溝も排水を設け、掃除しやすくする。

1級建築施工管理技士 建具工事 トップライトの注意点

建築品質 外部建具


062)トップライトの注意点

トップライトは採光に有効であるが、結露や漏水、踏み抜き事故などもある。また、トップライトの網入りガラスはひび割れしやすい。耐風圧やガラスの仕様の検討と同時に、それらの対策が重要である。

1.トップライトには落下防止対策

ポリカーボネート製や網入りガラスのトップライトは、トップライトを柵で囲んでいても、子どもが乗り越えて入ってしまうケースがある。対策は、子どもが上がれるような屋上ではトップライトに絶対近づけないような柵を設けること。その他の場合も「危険性を知らせる表示」をして、トップライトの内側に落下防止の溶接金網を固定設置する。30分耐火の屋根ではトップライトは防火設備であり、網入りガラスが必要である。網入りガラスとの合わせガラスなども検討する。

トップライトの落下防止

2.トップライトの水切りはシンプルに

屋上のトップライトの枠の周囲に大きな水切りを設けているおさまりを見かけるケースがある。金物が大きくなり、ジョイントが増え、漏水のリスクが増える。躯体立がりに被せるように、ひとまわり大きなトップライトにすれば、水切りをつけるだけで、シンプルに納めることができる。


トップライトの水切り

3.トップライトの下枠ガラスシールは盛り上げる

下枠に水が溜まらないようにシールを盛り上げる。ゆるい勾配のトップライトでは下枠押縁の両端を切り欠いて排水する。網入りガラスや複層ガラスではガラス小口を保護する必要があるので、下枠押縁を切り欠かなくても良い勾配(1/6以上)が必要である。

トップライトのガラスシール

4.トップライトの結露水は排水する

トップライトからの漏水ではないかと調べてみると、結露水が原因のこともある。トップライトの結露はガラス面とサッシ枠の両方があり、どちらも集めて排水しなければならない。トップライト専用枠では考慮されているものもあるが、そうでない場合は個別に対策が必要である。ガラスを複層ガラスにすると結露も少なくなる。

1級建築施工管理技士 建具工事 シャッターの強風・安全対策

建築品質 外部建具


063)シャッターの強風・安全対策

外部のシャッターは強い風圧を受ける。特に幅が広いシャッターは台風時の風圧で撓んで外れたり、レールごと風に飛ばされることがある。強風でシャッターが破損すると内部に強風が吹き込んで、天井や内壁が被害を受けるだけでなく、屋根が飛ばされることもある。庇がない外部シャッターでは漏水する事例もある。

1.外部大型シャッターは耐風型にする

シャッターの耐風圧強度はシャッターの開口幅とスラットの仕様(鉄板厚、スラット形状)で決まる。耐風フックが付いた耐風型シャターは強度が増す。シャッター幅が7mを超すシャッターは耐風型を検討する。シャッターレールは単なるガイドレールではなく、スラットの風圧を受けるため、柱や間柱などにしっかり固定しなければならない。耐風型の耐風フックに対応するレールは特に取付け強度が必要である。一般にスラットの強度は正圧には強いが負圧には弱い。用途上シャッター幅を大きくする場合や、負圧に対して強度不足の場合は、シャッターの中間に脱着式の補強支柱(耐風ロック)を検討する。補強支柱はシャッターを挟むように内外に設け、台風時など強風対策をする。


耐風型シャッターの例

2.防火シャッターは防火区画形成を確実に行う

防火シャッターを設けるときは、防火の垂れ壁とシャッターまぐさ、及び間仕切りとレールの取合い部の耐火性能を確保し、防火区画を確実に形成する必要がある。防火シャッターや遮煙シャッターは認定時のレールの深さや溝幅などの形状は重要である。レールに仕上げ見切りを設ける場合などは納まりに十分注意する。

防火シャッターの例

3.防火シャッターには安全装置が必要

防火シャッターが自動閉鎖しているときにシャッターに挟まれで死亡する事故があった。それ以降自動閉鎖するシャッターには挟まれ防止の安全装置の設置が義務付けられている。
(建築基準法施工令第112条14項)