1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地6

問題6

次の1.から3.の問いに答えなさい。

1.建設業法に基づく主任技術者及び監理技術者の職務等に関する次の文章において、 [  ] に当てはまる語句を記入しなさい。

主任技術者及び監理技術者は、工事現場における建設工事を適正に実施するため、当該建設工事の [ ① ] の作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理及び当該建設工事の施工に従事する者の技術上の [ ② ] の職務を誠実に行わなければならない。
解答

解答


 ①施工計画
 ②指導監督

(解説)
「建設業法」第26条の3第1項 (主任技術者及び監理技術者の職務等) 主任技術者及び監理技術者は、工事現場における建設工事を適正に実施するため、当該建設工事の施工計画の作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理及び当該建設工事の施工に従事する者の技術上の指導監督の職務を誠実に行わなければならない。

2.建築基準法施行令に基づく落下物に対する防護に関する次の文章において、 [  ] に当てはまる語句又は数値を記入しなさい。

建築工事等を行なう場合において、建築のための工事をする部分が工事現場の境界線から水平距離が [ ③ ] m以内で、かつ、地盤面から高さが7m以上にあるとき、その他はつり、除却、外壁の修繕等に伴う落下物によって工事現場の周辺に危害を生ずるおそれがあるときは、国土交通大臣の定める基準に従って、工事現場の周囲その他危害防止上必要な部分を [ ④ ] 又は帆布でおおう等落下物による危害を防止するための措置を講じなければならない。

解答


 ③ 5
 ④ 鉄網

(解説)
「建築基準法施行令」第136条の5第2項
(落下物に対する防護)
建築工事等を行う場合において、建築のための工事をする部分が工事現場の境界線から水平距離が5m以内で、かつ、地盤面からからの高さが7m以上にあるとき、その他はつり、除却、外壁の修繕等に伴う落下物によって工事現場の周辺に危害を生ずるおそれがあるときは、国土交通大臣の定める基準に従って、工事現場の周囲その他危害防止上必要な鉄鋼または帆布でおおう等落下物による危害を防止するための措置を講じなければならない。

3.労働安全衛生法に基づく特定元方事業者等の講ずべき措置に関する次の文章において、 [  ] に当てはまる語句を記入しなさい。

特定元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる [ ⑤ ] を防止するため、 [ ⑥ ] の設置及び運営を行うこと、作業間の連絡及び調整を行うこと、作業場所を巡視すること、関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に関する指導及び援助を行うこと等に関する必要な措置を講じなければならない。

解答


 ⑤労働災害
 ⑥協議組織

(解説)
1.協議組織の設置及び運営を行うこと。
2.作業間の連絡及び調整を行うこと。
3.作業場所を巡視すること。
4.関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うこと。
5.仕事を行う場所が仕事ごとに異なることを常態とする業種で、厚生労働省令で定めるものに属する事業を行う特定元方事業者にあつては、仕事の工程に関する計画及び作業場所における機械、設備等の配置に関する計画を作成するとともに、当該機械、設備等を使用する作業に関し関係請負人がこの法律又はこれに基づく命令の規定に基づき講ずべき措置についての指導を行うこと。
6.前各号に掲げるもののほか、当該労働災害を防止するため必要な事項


1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地5

問題5

市街地での事務所ビルの建設工事において、各階を施工量の異なるA工区とB工区に分けて工事を行うとき、右の躯体工事工程表(3階柱、4階床梁部分)に関し、次の1.から4.の問いに答えなさい。

工程表は作成中のもので、検査や設備関係の作業については省略している。

各作業の内容は作業内容表のとおりであり、Aで始まる作業名はA工区の作業を、Bで始まる作業名はB工区の作業を示すが、作業A2及び作業B2については作業内容及び担当する作業班を記載していない。

なお、各作業班は、各工区ごとに確保できているものとする。

また、各作業は一般的な手順に従って施工し、各作業班は複数の作業を同時に行わず、先行する作業が完了してから後続の作業を開始するものとする。

[ 工事概要 ]

用   途:事務所
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地下1階、地上6階、
  延べ面積3,200 m2
  鉄筋コンクリート製の壁はなく、
  階段は鉄骨造で別工程により施工する。
外   壁:ALC パネル

 

 

1.作業A2及び作業B2の作業内容を記述しなさい。

解答

 作業A2及び作業B2 柱の配筋

2.作業B7のフリーフロートを記入しなさい。

解答

 作業B7のフリーフロート 7日

3.(始)から(終)までの総所要日数と、工事を令和元年10 月23 日(水曜日)より開始するときの工事完了日を記入しなさい。
ただし、作業休止日は、土曜日、日曜日、祝日、振替休日のほか、雨天1日とする。
なお、10 月23 日以降年末までの祝日は、文化の日(11月3日)と勤労感謝の日(11 月23 日)である。

解答


 総所要日数 22日
 工事完了日 11月25日

(解説)
令和元年10月23日(水曜日)より作業開始

4.工事着手に当たり、各作業班の手配状況を確認したところ、型枠作業班が1班しか手配できないため、1班で両工区の作業を行うこととなった。
この時に、次の記述の [  ] に当てはまる語句又は数値をそれぞれ記入しなさい。

工程の見直しに当たって、型枠作業班は同じ工区の作業を続けて行うこととしたため、作業B3は、作業B2の完了後で作業 [ あ ] の完了後でないと開始できないこととなる。

このため、作業休止日が同じ場合、工事完了日は当初工程より暦日で [ い ] 日遅れることとなる。

解答


  [ あ ]  A5
  [ い ]  3

1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地4

問題4

次の1.から8.の各記述において、記述ごとの①から③の下線部の語句又は数値のうち最も不適当な箇所番号を1つあげ、適当な語句又は数値を記入しなさい。

1.アスファルト防水密着工法において、出隅及び入隅は平場部のルーフィング類の張付けに先立ち、幅①300mm 程度のストレッチルーフィングを増張りする。

また、コンクリートスラブの打継ぎ部は、絶縁用テープを張り付けた上に、幅②300mm 程度のストレッチルーフィングを増張りする。

なお、流し張りに用いるアスファルトは、環境対応低煙低臭型防水工事用アスファルトとし、溶融温度の上限は、③300℃とする。

解答


③ 240

2.セメントモルタルによる外壁タイル後張り工法において、マスク張りでは、張付けモルタルを塗り付けたタイルは、塗り付けてから①60分を限度に張り付ける。

また、モザイクタイル張りでは、張付けモルタルを2層に分けて塗り付けるものとし、
層目はこて圧をかけて塗り付ける。

なお、外壁タイル張り面の伸縮調整目地の位置は、一般に縦目地を③m内外に割り付け、横目地を各階ごとの打継ぎ目地に合わせる。

解答


 ① 5

3.金属製折板葺きにおいて、タイトフレームの受梁への接合は、下底の両側を隅肉溶接とし、隅肉溶接のサイズを①受梁の板厚と同じとする。
また、水上部分の折板と壁との取合い部に設ける雨押えは、壁際立上りを② 150mm 以上とする。なお、重ね形折板の端部の端あき寸法は、③ 50mm 以上とする。

解答


① タイトフレーム

4.軽量鉄骨壁下地のランナー両端部の固定位置は、端部から① 50mm 内側とする。ランナーの固定間隔は、ランナーの形状及び断面性能、軽量鉄骨壁の構成等により② 900mm 程度を限度とする。

また、上部ランナーの上端とスタッド天端の間隔は10 mm以下とし、スタッドに取り付けるスペーサーの間隔は③ 1,200mm 程度とする。

解答



③ 600

5.仕上げ材の下地となるセメントモルタル塗りの表面仕上げには、金ごて仕上げ、木ごて仕上げ、はけ引き仕上げのほか、①くし目引き 仕上げがあり、その上に施工する仕上げ材の種類に応じて使い分ける。

一般塗装下地、壁紙張り下地の仕上げとして、②金ごて 仕上げを用い、セメントモルタルによるタイル張付け下地の仕上げとして、③はけ引き 仕上げを用いる。

解答


③ 木ごて

6.防火区画に用いる防煙シャッターは、表面がフラットでガイドレール内での遮煙性を確保できる①インターロッキング形のスラットが用いられる。

また、②まぐさの遮煙機構は、シャッターが閉鎖したときに漏煙を抑制する構造で、その材料は不燃材料、準不燃材料又は難燃材料とし、座板にアルミニウムを使用する場合には、③鋼板で覆う。

解答

 ① オーバーラッピング

7.素地ごしらえのパテ処理の工法には、パテしごき、パテかい、パテ付けの3種類がある。このうち、① パテしごきは、面の状況に応じて、面のくぼみ、すき間、目違い等の部分を平滑にするためにパテを塗る。

また、② パテかいは、局部的にパテ処理するもので、素地とパテ面との肌違いが仕上げに影響するため、注意しなければならない。
なお、③パテ付けは、特に美装性を要求される仕上げの場合に行う。

解答


① パテかい

8.せっこう系直張り用接着材によるせっこうボード直張り工法において、直張り用接着材は、① 2時間以内で使い切れる量を、たれない程度の硬さに水と練り合わせ、ボードの仕上がりまでの寸法の② 2倍程度の高さにダンゴ状に盛り上げる。

また、ボードの張付けにおいては、ボード圧着の際、ボード下端と床面との間を③ 10mm 程度浮かした状態で圧着し、さらに調整定規でたたきながら、所定の仕上げ面が得られるように張り付ける。

解答


① 1

1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地3

問題3

次の1.から4.の問いに答えなさい。
ただし、解答はそれぞれ異なる内容の記述とし、材料の保管、作業環境(騒音、振動、気象条件等)及び作業員の安全に関する記述は除くものとする。

1.山留め支保工において、地盤アンカーを用いる場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、山留め壁に関する記述は除くものとする。

解答試案

【 地盤アンカーを用いる場合の施工上の留意事項 】
①敷地境界からアンカー部分が出る場合、事前に隣地管理者等関係者の了解を得て施工する。

②地盤アンカーの引抜き耐力は、全数について設計アンカー力の1.1倍以上であることを確認する。

③山留め壁には鉛直力が作用することから、山留め壁は十分な鉛直支持性能を有する地盤に支持 させる。

2.鉄筋工事において、鉄筋の組立てを行う場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、鉄筋材料、加工及びガス圧接に関する記述は除くものとする。

解答試案


【 鉄筋の組立てを行う場合の施工上の留意事項 】
①鉄筋相互のあきは、粗骨材の最大寸法の1.25倍、25mm及び隣り合う鉄筋の平均径の1.5倍のうち 最大のものとする。また、間隔は、鉄筋相互のあきに鉄筋の最大径を加えたものとする。

②柱、梁の主筋のかぶりは、主筋の外周りを包んでいる帯筋、あばら筋の外側から測定し、施工誤差 を考慮して最小かぶり厚さに10mm加えるものとする。

③断熱材打込み部に使用するスペーサーは、めり込み防止の付いた専用スペーサーを用いること で、断熱材へのくいこみを防止し、かぶり厚さを確保する。

3.普通コンクリートを用いる工事において、コンクリートを密実に打ち込むための施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、コンクリートの調合及び養生に関する記述は除くものとする。

解答試案


【 コンクリートを密実に打ち込むための施工上の留意事項 】

①1層の打込み厚さは、公称棒径45mmの棒型振動機の長さ(60~80mm)以下とし、打ち込んだコ ンクリートの下層まで振動機の先端が入るようにする。

②コンクリートは打ち込む位置の近くに落とし込むようにし、1箇所に多量に打ち込み、横流ししない ようにする。

③コンクリートの練混ぜから打込み終了までの時間は、外気温が25°C以下の場合120分以内、25°C を超える場合は90分以内とする。

4.鉄骨工事において、建入れ直しを行う場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、アンカーボルト及び仮ボルトに関する記述は除くものとする。

解答試案


【 建入れ直しを行う場合の施工上の留意事項 】

①建入れ直しのために加力するときは、加力部分を養生し、部材の損傷を防止する。

②ターンバックル付き筋かいを有する場合は、その筋かいを用いて建入れ直しを行わないようにする。

1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地2

問題2

次の1.から3.の建築工事における仮設物について、設置計画の作成に当たり検討すべき事項を、それぞれ2つ、留意点とともに具体的に記述しなさい。
ただし、解答はそれぞれ異なる内容の記述とし、申請手続、届出及び運用管理に関する記述は除くものとする。また、使用資機材に不良品はないものとする。

1.荷受け構台

解答試案


【 荷受け構台 】
① 資機材の搬出入に適した位置に設け、揚重機の能力、揚重資機材の形状・寸 法・数量に応じた形状、規模とし、積載荷重等に対して安全な構造とする。

② 材料構台兼用の場合、工事の進捗度に応じた資機材のストック量を想定して 積載荷重を検討する。

③工事の進捗に伴い転用が必要な場合の対策として、移動方法を考慮して設 置位置を決める。

2.鋼板製仮囲い(ゲート及び通用口を除く)

解答試案

【 鋼板製仮囲い 】
①風圧による倒壊防止対策として、支柱間隔を適切に保持し、控えパイプ及び 埋込み材を堅固に固定する。

②工事現場内からの雨水等が流出しないように、幅木やコンクリート製の土手を 設置するなど、すき間のないような構造とする。

③使用材料は、鋼鈑の高さに応じて、断面性能を確認のうえ、許容耐力以下で 使用する。

3.工事用エレベーター

解答試案

【 工事用エレベーター 】

①停止階には必ず出入口及び荷卸し口の遮断設備を設ける。

②昇降路は人が出入りできないように、また、積荷の落下、飛散がないように外 周をネット、金網等で養生する。

③設置場所周辺の作業内容を考慮し、作業員及び長尺の資材等が昇降路内 に入らないよう養生囲いを設ける。

1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地1

問題1

建築工事の施工者は、設計図書等に基づき、要求された品質を実現させるため、施工技術力、マネジメント力等を駆使し、確実に施工することが求められる。

あなたが経験した建築工事のうち、要求された品質を実現するため、品質管理計画に基づき、品質管理を行った工事を1つ選び、工事概要を具体的に記述したうえで、次の1.及び2.の問いに答えなさい。なお、建築工事とは、建築基準法に定める建築物に係る工事とし、建築設備工事を除くものとする。

[ 工事概要 ]
イ.工事名
ロ.工事場所
ハ.工事の内容
 新築等の場合:建物用途、構造、階数、
        延べ面積又は施工数量、
        主な外部仕上げ、
        主要室の内部仕上げ
 改修等の場合:建物用途、建物規模、
        主な改修内容及び施工数量
ニ.工期(年号又は西暦で年月まで記入)
ホ.あなたの立場

1.工事概要であげた工事で、あなたが重点的に品質管理を実施した事例を2つあげ、次の①から③について具体的に記述しなさい。ただし、2つの事例の工種名は同じでもよいが、他はそれぞれ異なる内容の記述とする。

① 工種名、要求された品質及びその品質を実現させるために設定した品質管理項目

② ①の品質管理項目を設定した理由

③ ①の品質管理項目について、実施した内容及び留意した内容

解答試案

【 事例1】
①工種名:内装工事
 要求された品質:居住性を良好にすること
 その品質を実現させるために設定した品質管理項目:
 各住戸間の遮音性の確保

② 設定した理由:
共同住宅であることから、住戸間の遮音性能の不良による入居後の隣地トラブルを防止するため。

③実施した内容及び留意した内容:
せっこうボード厚さが1.2㎝以上、継目をすき間なく張り付けるか、継目処理工法を用いる。2重張りの場合は、下張りと上張りの継目位置をずらす。また、壁・天井等と躯体面の取合いは、すき間を生じないよう、不燃材料で充填する。チェックリストに施工した記録・施工の困難な箇所の施工写真を撮って記録した。

【 事例2】
①工種名:防水工事
 要求された品質:屋上アスファルト防水の漏水防止
 その品質を実現させるために設定した品質管理項目:
  防水下地のクンクリート面の凹凸をなくすこと。
  また、下地の十分な乾燥を確認すること。

② 設定した理由:
防水下地の凹凸や鉄筋、番線等の突起物、モルタルのこぼれ等に防水層の破損、不十分な乾燥による防水層のふくれ破損の防止により、防水性能が高まると考えたため。

③実施した内容及び留意した内容:
凹凸や突起物等については目視で確認し、乾燥状態については高周波水分計による下地水分の測定で8%以下の含水率を確認し、それぞれチェックリストに記録した。


2.工事概要にあげた工事にかかわらず、あなたの今日までの工事経験に照らして、次の①、②について具体的に記述しなさい。
ただし1.③と同じ内容の記述は不可とする。

①作業所において、組織的な品質管理を行うための方法や手段

② ①の方法や手段で組織的な品質管理を行うことによって得られる効果

解答試案


①企業としての品質管理の方針を定め、各人の役割分担を文書で確認する。一定工程完了ごとに社内検査を行い、手直しのない工事の工程で引き継ぐシステムを構築することが必要である。

②施工者の自信・向上意欲につながり建築技術者として成長できる。また、今後の受注増にもつながり、社会的な評価も上がる。さらに、技術の向上にもつながっていく。

1級建築施工管理技士 過去問題 H30 実地1

問題1

建設業においては、高度成長期に大量に建設された建築物の更新や解体工事に伴う建設副産物の発生量の増加が想定されることから、建設副産物対策への更なる取組みが求められている。 あなたが経験した建築工事のうち、施工に当たり建設副産物対策を施工計画の段階から検討し実施した工事を 1 つ選び、工事概要を具体的に記述したうえで、次の 1.及び 2.の問いに答えなさい。
なお、建築工事とは、建築基準法に定める建築物に係る工事とし、建築設備工事を除くものとする。

[ 工事概要 ]
イ.工 事 名
ロ.工 事 場 所
ハ.工事の内容
 新築等の場合:
  建物用途、構造、階数、延べ面積又は施工数量
  主な外部仕上げ、主要室の内部仕上げ
 改修等の場合:
  建物用途、建物規模、主な改修内容及び施工数量
ニ.工 期 (年号又は西暦で年月まで記入)
ホ.あなたの立場

1. 工事概要であげた工事において、あなたが実施した建設副産物対策に係る3つの事例をあげ、 それぞれの事例について、次の①から④を具体的に記述しなさい。

ただし、3つの事例の③及び④はそれぞれ異なる内容の記述とする。

なお、ここでいう① 建設副産物対策は、発生抑制、再使用又は再生利用とし、重複して選択してもよい。

①建設副産物対策(該当するものを1つ選ぶこと。)
②工種名等
③対策として実施したことと実施に当たっての留意事項
④実施したことによって得られた副次的効果

解答例


発生抑制
①建設副産物対策:発生抑制

②工種名等:コンクリート工事


③対策として実施したこと実施に当たっての留意事項
(実施事項)
スラブの型枠として、合板型枠工法に代えてデッキプレート型枠工法を採用した。
(留意事項)
デッキ材の梁へのかかり代は、50mmを確保するように注意した。
 
④実施したことによって得られた副次的効果
型枠廃材の発生を抑制できたとともに、解体作業もなく、工期短縮にも有効であった。

再使用
①建設副産物対策:再使用

②工種名等:地業工事


③対策として実施したことと実施に当たっての留意事項
(実施事項)
根切り工事で発生した良質な建設発生土については、社内で情報を共有し、他現場において埋戻し土として再使用した。
(留意事項)
混入していた産業廃棄物は取り除いて適切に処理を行った。

④実施したことによって得られた副次的効果
建設副産物を有効に再使用できたとともに、処分費用を大幅に縮減することができた。

再生利用
①建設副産物対策:再生利用

②工種名等:外構工事


③対策として実施したことと実施に当たっての留意事項
(実施事項)
場所打ちコンクリート杭の杭頭処理で発生したコンクリートがらを、現場にてクラッシャー処理を行い敷地内通路の路盤材として再利用した。
(留意事項)
本設の利用にあたっては、工事監理者の承諾を得た。

④実施したことによって得られた副次的効果
産業廃棄物となるコンクリートがらの再利用ができたとともに、敷地内通路の材料費も縮減できた。

2. 工事概要であげた工事にかかわらず、あなたの今日までの工事経験に照らして、1.で記述した内容以外の建設副産物対策として、建設廃棄物の適正な処理の事例を2つあげ、対策として実施したことと、それらを適切に実施するための留意事項を具体的に記述しなさい。
ただし、2つの事例は異なる内容の記述とする。

解答例




適正処理1)
全工種において、養生シート、繊維くずなどは、産業廃棄物管理表(マニュフェスト)による廃棄物の管理方法によって産業廃棄物の運搬、処分を業とする者に委託し、返送されたE票で適正に処分されたことの確認した。
運搬、処分受託者から返送された管理票の写しは5年間保存しなければならないことに留意した。

適正処理2)
改修工事において発生した廃石綿等は、特別管理産業廃棄物として、法令にもとづいて適切に処置を行った。
運搬、処分受託者から返送された管理票の写しは5年間保存しなければならないことに留意した。


1級建築施工管理技士 過去問題 H30 実地2

問題2

建築工事における次の 1.から 3.の災害について、施工計画に当たり事前に検討した災害の発生するおそれのある状況や作業の内容と災害を防止するための対策を、それぞれ2つ具体的 に記述しなさい。

ただし、解答はそれぞれ異なる内容の記述とする。また、安全帯や保護帽の使用、朝礼時の注意 喚起、点検や整備などの日常管理、安全衛生管理組織、新規入場者教育、資格や免許に関する記述 は除くものとする。

1. 墜落、転落による災害

解答例



(1) 外壁タイル張り工事作業における足場からの転落事故を防ぐため、足場の作業床の幅は40cm以上、床材間の隙間は3cm以下、かつ床材と建地との間隔を12cm以下とする。

(2) ダメ穴等の床開口部からの作業員の墜落事故を防止するため、大きな開口部分には手すりを設けるとともに、安全ネットの設置を計画する。

2. 電気による災害

解答例



(1) 鉄骨溶接工事における感電事故を防止するため、交流アーク溶接機はほこりの少ない場所に設置し、専用アース線または躯体鉄筋等にアースを確実に設置する。

(2) 工事作業員の感電事故を防止するために、キュービクル、変圧器などを設置する際は、仮囲いを施して取扱責任者以外の立入りを禁止する。

3. 車両系建設機械による災害

解答例



(1) 路肩、傾斜地でのブルドーザーの店頭事故を防止するため、転倒のおそれがある箇所に、あらかじめ誘導員を配置し、その者に誘導させる。

(2) 外壁補修工事における高所作業車の転倒または転落による作業員の危険を防止するため、地盤の傾斜や地耐力を確認した上で、車両よりアウトリガーを張り出す。