1級建築施工管理技士 実地 施工管理【品質管理の手順】

品質管理の手順

品質管理の7つの道具を用いて、品質管理を行う。

ヒストグラム:製品の良否の判定

管理図:工程の正常、異常の判定

チェックシート
データのばらつきを早期につかみ、早急に現場での対策を立てるときに用いる。
下記のようなチェックシートによって、レミコンの荷卸しの所要時間を40分台で管理できるようにするなどを改善するための資料となる。

荷卸しのチェックシート.jpg
荷卸しのチェックシート

特性要因図:
墜落災害の原因などを追求するために描かれた魚の骨のような図。

特性要因図.jpg
特性要因図

パレート図
工事の費用の削減の目標を設定するときなどに用いる。経費の累計を求め、出費の多い順に並べたもので、型枠工の経費圧縮が、この場合最も合理的である。

パレート図.jpg
パレート図

相関図(散布図):2つのデータの間の関係を示すもので、で、スランプ値と強度などの関係は、負の強い相関があるといえる。

相関図(散布図).jpg
相関図(散布図)

層別分布図
原因となる要素別に分類して整理する図。