学科 施工(仕上工事)張石・タイル 5-2 タイル張り工事

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】
4 施工(仕上工事)
5° 張り石工事・タイル工事
5-2 タイル張り工事
下記の正誤を判断せよ。
①モザイクタイル張りのたたき押えは、タイル目地に盛り上がった張付けモルタルの水分で目地部の紙が湿るまで行った。

答え

  ◯
[ 解説 ]
モザイクタイル張りは、下地面に張付けモルタルを塗り、タイルをたたき押さえながら張り進めるもので、一度に塗り付ける面積は、3m2以下とする。

②接着剤張りの接着剤は、下地に厚さ3mm程度になるように塗布し、くし目ごてでくし目を立てた。

答え

  ◯

③小口タイルの改良積み上げ張りの張付けモルタルは、下地モルタルの上に塗厚4mm程度で塗り付けた。

答え

  ×
[ 解説 ]
小口タイルの改良積上げ張り張付けモルタルは、タイル裏面全面7mm程度の厚さになるように塗り付ける

④二丁掛けタイルの改良積上げ張りにおいて、1日の張付け高さを1.8mとした。

答え

  ×
[ 解説 ]
改良積上げ張りは、タイル裏面に塗り付けるモルタルの厚さが他の張り方より大きく、タイルを下部から上部に張り付けるので、1日の張付け高さ1.5m以下と制限している

⑤密着張りの張付けモルタルは2度塗りとし、その塗り付ける面積は、20分以内にタイルを張り終える面積とした。

答え

  ◯
[ 解説 ]
・小口タイルの密着張りの張付けモルタルは、だれが生じるおそれがあるので、2回に分けて塗り、塗厚5mm程度とする
(外壁のタイル密着張り工法)
・張付けは、上部より下部へと張り進めるが、まず1段おきに水糸に合わせて張り、そのあと間を埋めるようにして張り付ける。
・小口タイルの張付けは、振動工具による衝撃位置をタイルの両端を中間の3箇所とする。
・引張り接着強度検査の試験体数は、100m2以下ごとに1個以上とし、かつ全面積で3個以上とする。

⑥改良圧着張りでは、張付けモルタルを下地面側に5mm程度、タイル裏面に厚さ3mm程度の厚さで塗り、たたき押えを行い張り付けた。

答え

  ◯

⑦50二丁タイルのマスク張りの張付けモルタルは、ユニットタイルの裏面に厚さ4mm程度のマスク板をあて、所定の厚さに塗り付けた。

答え

  ◯

⑧マスク張りでは、張付けモルタルを塗り付けたタイルは、塗り付けてから20分を限度に張り付けた。

答え

  ×
[ 解説 ]
マスク張りでは、張付けモルタルを塗り付けたタイルは、塗り付けてから5分以内を限度に張り付ける
 

⑨タイル張り面の伸縮調整目地は、縦目地を3m内外、横目地を4m内外ごとに設けた。

答え

  ◯