配筋標準 11 壁

配筋検査のつぼ⑪ 壁の配筋


11° .壁

11-1 壁と柱・梁とのおさまり

①壁筋の継手は、壁内とし、柱・梁に設けない。

②壁筋の柱・梁内の定着方法は、図11-1-2~図11-1-4による。

③壁の第1ヨコ筋とタテ筋は、柱面・梁面から100mm以内かつ柱主筋・梁主筋から設計間隔以内に配置する。

④壁端部および開口部の小口補強要領は、図11-3による。

⑤最下階のおさまりは、地下外壁の図11-4による。






★ポイント
①壁筋の継手は、柱・梁に設けない。(壁内であれば位置は限定されない。地下外壁の継手位置は図11-4-5による)

②壁筋の柱・梁への定着は、柱・梁主筋の内側に、コンクリート面から定着長さL2とする。

③壁の第1鉄筋位置は柱面・梁面から100mm以内かつ柱主筋・梁主筋から設計間隔(壁筋ピッチ)以内に配置する。

④柱主筋・梁主筋の外側を通る壁筋の定着は、投影長さをL2かつD/2以上とし、90° フック定着(余長8d以上)または斜め折り曲げ定着とし、かつA部の条件(図11-1-5)に従う。

⑤A部の条件とは、壁筋の終端を8dかつ150mm以上、帯筋・あばら筋外面から内側に入れることである。
※先端90° フック定着の場合、A部の条件とともに、余長としての直線部分が8d以上必要となるので、注意する。

★梁鉄筋を落とし込み工法とする場合、梁と干渉する壁筋は梁手前で止めてしまうことがある。梁を落とし込んだ後に、添筋し、梁に定着しなけらばならないので注意する。

11-2 壁と壁・スラブのおさまり

①タテ筋補強は、D13以上かつ壁タテ筋最大径以上とする。

②ヨコ補強筋は、D13以上かつ壁ヨコ筋最大径以上とする。

③ダブル配筋で入隅部のタテ筋補強位置は、壁タテ筋と同一位置とする。

④定着長さL2は、折曲げ開始点からの長さとする。


★ポイント

★壁の直交部にはタテ筋補強、壁とスラブの接合部にはヨコ補強筋を配列する。

①ヨコ補強筋は、D13以上かつ壁ヨコ補強筋最大径以上とする。

②ダブル配筋で入隅部のタテ筋補強は、壁タテ筋と同一位置に配筋する。

③壁筋を壁またはスラブへ定着する場合、余長(曲げ開始点から)でL2確保する。

④ヨコ筋ピッチが異なる壁の隅角部のおさまりは、両側へ余長L2で定着する。

★壁の隅角部はかぶり厚さが不足しがちであるので、差し筋段階から注意を払って配筋する。

11-3 壁端部・開口部小口補強

★ポイント
①壁端部・開口部の小口にはコ形補強筋を配筋する。
・耐力壁の場合は、壁筋と同径・同ピッチとする。
・非耐力壁の場合は、壁筋と同径・倍ピッチとする。

11-4 地下外壁

①地下外壁壁筋の定着は、図11-4-1~図11-4-4による。

②地下外壁の壁筋の継手は、地下外壁内とし、柱・梁に設けない。(図11-4-5)

③e1、e2は構造図による。
e1は壁外面と柱外面のずれ、e2は壁外面と梁外面のずれとする。70mm以上の打ち増し部補強は、打ち増し補強要領による。

④土に接する側のタテ筋・ヨコ筋は原則として柱・梁主筋の外側を通す。





★ポイント

⑤地下外壁の壁筋の継手位置は、図11-3-5による。地下2階以上の場合は地下外壁リストを確認する。(継手の好ましくない位置に重ね継手を設ける場合は、継手長さをL1+5d以上とする)

⑥図中のe1、e2は、構造図による。

⑦壁上部のおさまりで、「L2かつあばら筋直下まで」の寸法の起点が梁面であることに注意する。

⑧A部の条件については、図11-1-15 による。

★地下外壁の壁筋と、山留めに設けたセパ受けアングル等のかぶり厚さを確保する。