学科 施工(躯体工事)耐震改修工事 10-1 耐震改修工事

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

3.施工(躯体工事)
10° 耐震改修工事

10-1 耐震改修工事
下記の正誤を判断せよ。

(現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設工事)
①既存壁に新たに増打ち壁を設ける工事において、シヤーコネクターを型枠固定用のセパレーターとして兼用した。

答え

 ◯

[ 解説 ]
増打ち壁の場合、既存壁との一体性を増すがめに、シアーコネクターをして既存壁に設置したあと施工アンカーをセパレーターに利用することができる。

②コンクリート流込み工法による壁の増設では、上部すき間に圧入したグラウト材が空気抜きから出ることでグラウト材が充填されたことを確認した。

答え

 ◯

[ 解説 ]
コンクリート流込み工法による壁増設は、上部20㎝程度残して流し込み、グラウト材を圧入するが、グラウト材が空気抜きから出ることで充填を確認する。

③既存構造体にあと施工アンカーが多数埋め込まれる増設壁部分に用いる割裂補強筋には、スパイラル筋又ははしご筋を用いることとした。

答え

 ◯

[ 解説 ]
既存構造体にあと施工アンカーが多数埋め込まれる増設壁との取合い部分では、コンクリート又はグラウト材の割裂防止のため、スパイラル筋又ははしご筋等の割裂補強筋を用いる。

④鉄筋コンクリート壁の増設工事において、既存梁下と増設壁上部とのすき間のグラウト材の注入は、予定した部分を中断することなく1回で行った。

答え

 ◯

⑤鉄筋コンクリート壁の増設工事において、注入するグラウト材の練上がり時の温度は、練り混ぜる水の温度を管理し、10〜35℃の範囲となるようにした。

答え

 ◯

[ 解説 ]
グラウト材の練り上がりの温度は、10〜35℃の範囲になるように、練り混ぜに用いる水の温度を10℃以上になるように管理する。

(鉄骨ブレースの設置工事)
⑥枠付き鉄骨ブレースの設置工事において、現場で鉄骨ブレース架構を組み立てるので、継手はすべて高力ボルト接合とした。

答え

 ◯

(耐震スリット新設工事)
⑦柱と接する既存の袖壁部分に完全スリットを設ける工事において、袖壁の切欠きは、袖壁厚の1/2の深さまでとした。

答え

 ×

[ 解説 ]
耐震改修構造の完全スリットは、柱に接する壁の全厚さを切断し、完全に縁切りしたものであり、設問は、部分スリットの説明である

学科 施工(躯体工事)耐震改修工事 10-2 柱補強工事他

1級建築施工管理技士
学科対策 過去問題【 重要ポイント 】

3.施工(躯体工事)
10° 耐震改修工事

10-2 耐震改修工事(柱補強工事他)
下記の正誤を判断せよ。

(柱補強工事他)
①溶接金網巻き工法において、溶接金網に対するかぶり厚さを確保するため、溶接金網は型枠建込み用のセパレーターに結束して固定した。

答え

 ◯

②柱の溶接金網巻き工法において、溶接金網は分割して建て込み、金網相互の接合は重ね継手とした。

答え

 ◯

③溶接閉鎖フープ巻き工法において、フープ筋の継手は、溶接長さが片面10d(dはフープ筋の径又は呼び名)以上のフレア溶接とした。

答え

 ◯

④鋼板巻き工法において、コ形に加工した2つの鋼板をロ形に一体化する際、接合部の溶接は部分溶込み溶接とした。

答え

 ×

[ 解説 ]
鋼板巻き工法において、コ形に加工した2つの鋼板をロ形に一体化する際、接合部の溶接は部分溶け込み溶接ではなく、完全溶込み(突合わせ)溶接とする

⑤柱補強工事の鋼板巻き工法では、鋼板と既存柱のすき間に硬練りモルタルを手作業で充填した。

答え

 ×

[ 解説 ]
柱補強工事の鋼板巻工法は、既存の独立柱の周囲に鋼板を巻き、すき間にモルタルを充填し、柱のせん断補強を行う工法で、グラウト材下部から圧入により充填する

⑥柱の連続繊維補強工法において、躯体表面を平滑にするための下地処理後、その表面は接着力確保のため目荒らしを行い、隅角部は直角のままとした。

答え

 ×

[ 解説 ]
連続繊維補強工法の場合、巻付ける炭素繊維等のシートは、突起物等に接触して破損しないように下地コンクリート表面の凹凸は平滑に仕上げ、柱の隅角部も面取りを行う

⑦連続繊維補強工法のシート工法において、シートの切り出し長さは、柱の周長にラップ長さを加えた寸法とした。

答え

 ◯

[ 解説 ]
シートの切り出しは、シートの割付け図に従って、連続繊維シートを切り出す。シートの切り出し長さは、柱の周長にラップ長さを加えた寸法とする。