1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地5

問題5

市街地での事務所ビルの建設工事において、各階を施工量の異なるA工区とB工区に分けて工事を行うとき、右の躯体工事工程表(3階柱、4階床梁部分)に関し、次の1.から4.の問いに答えなさい。

工程表は作成中のもので、検査や設備関係の作業については省略している。

各作業の内容は作業内容表のとおりであり、Aで始まる作業名はA工区の作業を、Bで始まる作業名はB工区の作業を示すが、作業A2及び作業B2については作業内容及び担当する作業班を記載していない。

なお、各作業班は、各工区ごとに確保できているものとする。

また、各作業は一般的な手順に従って施工し、各作業班は複数の作業を同時に行わず、先行する作業が完了してから後続の作業を開始するものとする。

[ 工事概要 ]

用   途:事務所
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地下1階、地上6階、
  延べ面積3,200 m2
  鉄筋コンクリート製の壁はなく、
  階段は鉄骨造で別工程により施工する。
外   壁:ALC パネル

 

 

1.作業A2及び作業B2の作業内容を記述しなさい。

解答

 作業A2及び作業B2 柱の配筋

2.作業B7のフリーフロートを記入しなさい。

解答

 作業B7のフリーフロート 7日

3.(始)から(終)までの総所要日数と、工事を令和元年10 月23 日(水曜日)より開始するときの工事完了日を記入しなさい。
ただし、作業休止日は、土曜日、日曜日、祝日、振替休日のほか、雨天1日とする。
なお、10 月23 日以降年末までの祝日は、文化の日(11月3日)と勤労感謝の日(11 月23 日)である。

解答


 総所要日数 22日
 工事完了日 11月25日

(解説)
令和元年10月23日(水曜日)より作業開始

4.工事着手に当たり、各作業班の手配状況を確認したところ、型枠作業班が1班しか手配できないため、1班で両工区の作業を行うこととなった。
この時に、次の記述の [  ] に当てはまる語句又は数値をそれぞれ記入しなさい。

工程の見直しに当たって、型枠作業班は同じ工区の作業を続けて行うこととしたため、作業B3は、作業B2の完了後で作業 [ あ ] の完了後でないと開始できないこととなる。

このため、作業休止日が同じ場合、工事完了日は当初工程より暦日で [ い ] 日遅れることとなる。

解答


  [ あ ]  A5
  [ い ]  3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です