1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地4

問題4

次の1.から8.の各記述において、記述ごとの①から③の下線部の語句又は数値のうち最も不適当な箇所番号を1つあげ、適当な語句又は数値を記入しなさい。

1.アスファルト防水密着工法において、出隅及び入隅は平場部のルーフィング類の張付けに先立ち、幅①300mm 程度のストレッチルーフィングを増張りする。

また、コンクリートスラブの打継ぎ部は、絶縁用テープを張り付けた上に、幅②300mm 程度のストレッチルーフィングを増張りする。

なお、流し張りに用いるアスファルトは、環境対応低煙低臭型防水工事用アスファルトとし、溶融温度の上限は、③300℃とする。

解答


③ 240

2.セメントモルタルによる外壁タイル後張り工法において、マスク張りでは、張付けモルタルを塗り付けたタイルは、塗り付けてから①60分を限度に張り付ける。

また、モザイクタイル張りでは、張付けモルタルを2層に分けて塗り付けるものとし、
層目はこて圧をかけて塗り付ける。

なお、外壁タイル張り面の伸縮調整目地の位置は、一般に縦目地を③m内外に割り付け、横目地を各階ごとの打継ぎ目地に合わせる。

解答


 ① 5

3.金属製折板葺きにおいて、タイトフレームの受梁への接合は、下底の両側を隅肉溶接とし、隅肉溶接のサイズを①受梁の板厚と同じとする。
また、水上部分の折板と壁との取合い部に設ける雨押えは、壁際立上りを② 150mm 以上とする。なお、重ね形折板の端部の端あき寸法は、③ 50mm 以上とする。

解答


① タイトフレーム

4.軽量鉄骨壁下地のランナー両端部の固定位置は、端部から① 50mm 内側とする。ランナーの固定間隔は、ランナーの形状及び断面性能、軽量鉄骨壁の構成等により② 900mm 程度を限度とする。

また、上部ランナーの上端とスタッド天端の間隔は10 mm以下とし、スタッドに取り付けるスペーサーの間隔は③ 1,200mm 程度とする。

解答



③ 600

5.仕上げ材の下地となるセメントモルタル塗りの表面仕上げには、金ごて仕上げ、木ごて仕上げ、はけ引き仕上げのほか、①くし目引き 仕上げがあり、その上に施工する仕上げ材の種類に応じて使い分ける。

一般塗装下地、壁紙張り下地の仕上げとして、②金ごて 仕上げを用い、セメントモルタルによるタイル張付け下地の仕上げとして、③はけ引き 仕上げを用いる。

解答


③ 木ごて

6.防火区画に用いる防煙シャッターは、表面がフラットでガイドレール内での遮煙性を確保できる①インターロッキング形のスラットが用いられる。

また、②まぐさの遮煙機構は、シャッターが閉鎖したときに漏煙を抑制する構造で、その材料は不燃材料、準不燃材料又は難燃材料とし、座板にアルミニウムを使用する場合には、③鋼板で覆う。

解答

 ① オーバーラッピング

7.素地ごしらえのパテ処理の工法には、パテしごき、パテかい、パテ付けの3種類がある。このうち、① パテしごきは、面の状況に応じて、面のくぼみ、すき間、目違い等の部分を平滑にするためにパテを塗る。

また、② パテかいは、局部的にパテ処理するもので、素地とパテ面との肌違いが仕上げに影響するため、注意しなければならない。
なお、③パテ付けは、特に美装性を要求される仕上げの場合に行う。

解答


① パテかい

8.せっこう系直張り用接着材によるせっこうボード直張り工法において、直張り用接着材は、① 2時間以内で使い切れる量を、たれない程度の硬さに水と練り合わせ、ボードの仕上がりまでの寸法の② 2倍程度の高さにダンゴ状に盛り上げる。

また、ボードの張付けにおいては、ボード圧着の際、ボード下端と床面との間を③ 10mm 程度浮かした状態で圧着し、さらに調整定規でたたきながら、所定の仕上げ面が得られるように張り付ける。

解答


① 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です