1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地3

問題3

次の1.から4.の問いに答えなさい。
ただし、解答はそれぞれ異なる内容の記述とし、材料の保管、作業環境(騒音、振動、気象条件等)及び作業員の安全に関する記述は除くものとする。

1.山留め支保工において、地盤アンカーを用いる場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、山留め壁に関する記述は除くものとする。

解答試案

【 地盤アンカーを用いる場合の施工上の留意事項 】
①敷地境界からアンカー部分が出る場合、事前に隣地管理者等関係者の了解を得て施工する。

②地盤アンカーの引抜き耐力は、全数について設計アンカー力の1.1倍以上であることを確認する。

③山留め壁には鉛直力が作用することから、山留め壁は十分な鉛直支持性能を有する地盤に支持 させる。

2.鉄筋工事において、鉄筋の組立てを行う場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、鉄筋材料、加工及びガス圧接に関する記述は除くものとする。

解答試案


【 鉄筋の組立てを行う場合の施工上の留意事項 】
①鉄筋相互のあきは、粗骨材の最大寸法の1.25倍、25mm及び隣り合う鉄筋の平均径の1.5倍のうち 最大のものとする。また、間隔は、鉄筋相互のあきに鉄筋の最大径を加えたものとする。

②柱、梁の主筋のかぶりは、主筋の外周りを包んでいる帯筋、あばら筋の外側から測定し、施工誤差 を考慮して最小かぶり厚さに10mm加えるものとする。

③断熱材打込み部に使用するスペーサーは、めり込み防止の付いた専用スペーサーを用いること で、断熱材へのくいこみを防止し、かぶり厚さを確保する。

3.普通コンクリートを用いる工事において、コンクリートを密実に打ち込むための施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、コンクリートの調合及び養生に関する記述は除くものとする。

解答試案


【 コンクリートを密実に打ち込むための施工上の留意事項 】

①1層の打込み厚さは、公称棒径45mmの棒型振動機の長さ(60~80mm)以下とし、打ち込んだコ ンクリートの下層まで振動機の先端が入るようにする。

②コンクリートは打ち込む位置の近くに落とし込むようにし、1箇所に多量に打ち込み、横流ししない ようにする。

③コンクリートの練混ぜから打込み終了までの時間は、外気温が25°C以下の場合120分以内、25°C を超える場合は90分以内とする。

4.鉄骨工事において、建入れ直しを行う場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。ただし、アンカーボルト及び仮ボルトに関する記述は除くものとする。

解答試案


【 建入れ直しを行う場合の施工上の留意事項 】

①建入れ直しのために加力するときは、加力部分を養生し、部材の損傷を防止する。

②ターンバックル付き筋かいを有する場合は、その筋かいを用いて建入れ直しを行わないようにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です