1級建築施工管理技士 過去問題 R01 実地2

問題2

次の1.から3.の建築工事における仮設物について、設置計画の作成に当たり検討すべき事項を、それぞれ2つ、留意点とともに具体的に記述しなさい。
ただし、解答はそれぞれ異なる内容の記述とし、申請手続、届出及び運用管理に関する記述は除くものとする。また、使用資機材に不良品はないものとする。

1.荷受け構台

解答試案


【 荷受け構台 】
① 資機材の搬出入に適した位置に設け、揚重機の能力、揚重資機材の形状・寸 法・数量に応じた形状、規模とし、積載荷重等に対して安全な構造とする。

② 材料構台兼用の場合、工事の進捗度に応じた資機材のストック量を想定して 積載荷重を検討する。

③工事の進捗に伴い転用が必要な場合の対策として、移動方法を考慮して設 置位置を決める。

2.鋼板製仮囲い(ゲート及び通用口を除く)

解答試案

【 鋼板製仮囲い 】
①風圧による倒壊防止対策として、支柱間隔を適切に保持し、控えパイプ及び 埋込み材を堅固に固定する。

②工事現場内からの雨水等が流出しないように、幅木やコンクリート製の土手を 設置するなど、すき間のないような構造とする。

③使用材料は、鋼鈑の高さに応じて、断面性能を確認のうえ、許容耐力以下で 使用する。

3.工事用エレベーター

解答試案

【 工事用エレベーター 】

①停止階には必ず出入口及び荷卸し口の遮断設備を設ける。

②昇降路は人が出入りできないように、また、積荷の落下、飛散がないように外 周をネット、金網等で養生する。

③設置場所周辺の作業内容を考慮し、作業員及び長尺の資材等が昇降路内 に入らないよう養生囲いを設ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です