1級建築施工管理技士 過去問題 H30 実地5

問題5

市街地での事務所ビルの建設工事において、事務室の内装仕上げ工事について各階を施工量のほぼ等しいA工区とB工区に分けて工事を行うとき、右の内装仕上げ工事工程表(3階部分) に関し、次の 1.から 3.の問いに答えなさい。

工程表は作成中のもので、検査や設備関係の作業については省略している。

各作業の内容は作業内容表のとおりであり、Aで始まる作業名はA工区の作業を、Bで始まる作業名はB工区の作業を示すが、作業A8及び作業B8については作業内容を記載していない。

なお、各作業は一般的な手順に従って施工されるものとする。

また、各作業を担当する作業班は複数の作業を同時に行わず、各作業は先行する作業が完了してから開始するものとする。

[ 工事概要 ]
用 途:事務所
構造・規模:鉄筋コンクリート造地下1階,地上6階、
      延べ面積 3,200 m2
仕 上 げ:床は、フリーアクセスフロア下地タイルカーペット仕上げ
    間仕切壁,軽量鉄骨下地石膏ボード張クロス仕上、
    ソフト幅木取付け
    天井は、システム天井下地吸音板取付け


 

1. 作業A8及び作業B8の作業内容を記述しなさい。

解答例

【 解答 】
作業A8作業B8の作業内容 
ソフト幅木取付け

2.(始)から(終)までの総所要日数を記入しなさい。

ただし、各作業班は工程に影響を及ぼさないだけの班数が確保できているものとする。

また、この日数で工事を行うときに、作業A1及び作業B1について最低限手配すべき班数を 記入しなさい。

解答例

【 解答 】
① 総所要日数:17日

② 班 数  :1班


3. 作業A3及び作業B3を担当する作業班が1班しか手配できないことが判ったため、工程を見直すこととなった。

このときの、次の記述の[  ] に当てはまる語句又は数値をそれぞれ記入しなさい。

作業B3は、作業B2の完了後で作業名[ あ ]の完了後でないと開始できない。

このため、総所要日数は[ い ]日、作業B2のフリーフロートは [ う ]日となる。

解答例


【 解答 】
 [ あ ] A3
 [ い ] 18(日)
 [ う ]  1(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です