1級建築施工管理技士 過去問題 H29 実地5

平成29年度 1級建築施工管理技術検定 実地 問題5


問題5

市街地での事務所ビルの建設工事における下記の躯体工事工程表(3階部分)に関し、次の 1.から 4.の問いに答えなさい。
工程表は作成中のもので、各作業は一般的な手順に従って施工され、各部位においては複数の作業を同時に行わないものとする。ただし、作業Eについては後続する作業との関係を記載していない。
また、各作業の内容及び所要日数は作業内容表のとおりである。ただし、作業Bについては作業内容を記載していない。

[ 工事概要 ]
用 途:事務所
構造・規模:鉄筋コンクリート造地下1階、地上6階、
延べ面積 3,200 m2

1. 作業Bの作業内容を記述しなさい。

2. 次の記述の [ ① ] に当てはまる作業名、 [ ② ] に当てはまる日数をそれぞれ記入しなさい。
作業Eは、作業Bの完了後に開始できる。ただし、[ ① ] の開始前に完了させる必要がある。
そのため、作業Eのフリーフロートは [ ② ] となる。

3.(始)から(終)までの総所要日数を記入しなさい。

4. 工程の再検討を行ったところ、作業Gの所要日数が6日になることが判った。
総所要日数を元のとおりとするために、作業Gを壁が有る部分の作業G1と壁が無い部分の作業G2に分割して作業を行うこととした。
この時に、次の記述の [ ③ ] に当てはまる日数及び [ ④ ] に当てはまる作業名をそれぞれ記入しなさい。
作業G1の所要日数は、 [ ③ ] 以内とする必要がある。
作業G2は、[ ④ ] の完了後に開始できる。

解答と分析

(解答)
1.作業Bの作業内容:柱の配筋(柱筋の組立て)
2.①:作業F ②:0日
3.23日
4.③:3日 ④:作業C

(解説)
1.
作業A(3階墨出し)の完了後に開始し、作業C(柱型枠の組立て)、作業E(壁の配筋)、作業K(設備スリーブ、配管(柱、梁、壁))の開始前に完了する作業Bは、「柱筋の組立て」である。

2.
作業E(壁の配筋)は、作業B(柱の配筋)の完了後に開始でき、作業F(壁返し型枠の組立て)の開始前に完了させる必要がある。したがって、①は「作業F」である。
また、図1により作業Eはクリティカルパス上にあるので、作業Eのフリーフロートは0日である。計算で求める場合は
作業Eのフリーフロート = ⑧ - ( ③ + 5 ) = 0日
となる。したがって、②は、「 0日」である。

3.
総所要日数は、下図(図1)より(終)の最早開始時日となるので、「23日」である。

4.
壁を有する部分の作業G1(壁が有る部分の梁型枠の組立て)は作業F(壁返し型枠の組立て)後の作業になるが、作業G1はクリティカルパス上にあるため、総所要日数23日を守るためには、当初の作業Gの所要日数3日を超えてはならない。よって、作業G1の所要日数は3日以内としなければならない。したがって、③は「 3日 」である。
作業G2(壁が無い部分の梁型枠の組立て)は、上図(図2)のとおり、作業C(柱型枠の組立て)の完了後から開始できる。したがって、④は「作業C」である。