1級建築施工管理技士 過去問 平成29年 学科1

問題番号 [ No. 1 ] ~ [ No. 15 ] までの 15 問題のうちから、12 問題を選択し、解答してください。

[ No. 1 ]
換気に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 換気量が一定の場合、室容積が大きいほど換気回数は少なくなる。

2. 室内外の温度差による自然換気の場合、換気量は上下の開口部の高低差に比例する。

3. 室内空気の一酸化炭素の濃度は、10ppm 以下となるようにする。

4. 室内空気の二酸化炭素の濃度は、1,000ppm 以下となるようにする。

答え

 2

自然換気は自然の力を利用して換気するもので、常に一定の換気量を維持するのは難しいが、維持経費が安い等の特徴があり、風力によるものと室内外の温度差によるもの(重力換気)がある。室温が外気温より高い場合、温度の高い空気は密度が小さく上昇し、温度の低い空気は下降する。流入口と流出口の高低差が大きいほどこの効果が大きい。換気量は、開口部の面積に比例し、内外の温度差、上下の開口部の垂直距離の平行根に比例する。

[ No. 2 ]
採光及び照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 演色性とは、照明光による物体色の見え方についての光源の性質をいう。

2. グレアとは、高輝度な部分、極端な輝度対比や輝度分布などによって感じられるまぶしさをいう。

3. 照度とは、受照面の単位面積当たりの入射光束をいい、単位は lx(ルクス)である。

4. 全天空照度とは、天空光が遮蔽されることのない状況で、直射日光を含めた全天空による ある点の水平面照度をいう。

答え

 4

全天空照度とは、天空光が遮断されることのない状況で、直射日光を除いた全天空による、ある点の水平面照度をいう。

[ No. 3 ]
音に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 建物の床、梁、壁などを伝わる振動が最後に空気中に放射される音を固体音という。

2. 人が知覚する主観的な音の大小をラウドネスといい、音圧レベルが一定の場合、100 Hz の音よりも 1,000 Hz の音の方が大きく感じる。

3. 音波が障害物の背後に回り込む現象を回折といい、周波数が高くなるほど回折しやすい。

4. ある音が別の音によって聞き取りにくくなるマスキング効果は、両者の周波数が近いほどその影響が大きい。

答え

 3

音波が波の性質によって障害物の裏側まで回り込んで伝わる回折現象は、すき間の間隔や障害物の大きさが波長に比べて小さいと起こりやすい。

[ No. 4 ]
積層ゴムを用いた免震構造の建物に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 水平方向の応答加速度と上下方向の応答加速度の双方とも大きく低減することができる。

2. 地震時に免震層の変形に対して設備配管等が追従できるようにする必要がある。

3. 免震部材の配置を調整し、上部構造の重心と免震層の剛心を合せることで、ねじれ応答を低減することができる。

4. 免震層を中間階に設置する場合は、火災に対して積層ゴムを保護する必要がある。

答え

 1

積層ゴムアイソレータを用いた免震構造は固有周期が長くなるため、応答加速度を低減することができ、建築物に作用する地震力も小さくなる。ただし、免震構造は一般に、水平地震動に効果を発揮するが、上下地震動には発揮しない。

[ No. 5 ]
鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 壁板のせん断補強筋比は、直交する各方向に関して、それぞれ 0.25 % 以上とする。

2. 柱の主筋の断面積の和は、コンクリートの断面積の 0.8 %以上とする。

3. 床スラブの配筋は、各方向の全幅について、鉄筋全断面積のコンクリート全断面積に対する割合を 0.1%以上とする。

4. 柱梁接合部内の帯筋間隔は、原則として 150 mm 以下とし、かつ、隣接する柱の帯筋間隔 の 1.5 倍以下とする。

答え

 3

床スラブの配筋は、温度応力や収縮応力に対する配筋として、各方向の全幅について、鉄筋全断面積のコンクリート全断面積に対する割合を0.2%以上とする。

[ No. 6 ]
鉄骨構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. H 形鋼は、フランジやウェブの板要素の幅厚比が大きくなると局部座屈を生じやすい。

2. 中間スチフナは、梁の材軸と直角方向に配置し、主としてウェブプレートのせん断座屈補強として用いられる。

3. 部材に作用する引張力によってボルト孔周辺に生じる応力集中の度合は、高力ボルト摩擦接合の場合より普通ボルト接合の方が少ない。

4. 内ダイアフラムは、せいの異なる梁を1本の柱に取り付ける場合等に用いられる。

答え

 3

普通ボルト接合の場合、部材に引張力が作用すると接合部にずれが生じ、ボルトと鋼板が支圧状態になった後で応力伝達が行われる。そのため、ボルト孔周辺に生じる応力集中の度合いは、高力ボルト摩擦接合より普通ボルト接合の方が多い。

[ No. 7 ]
杭基礎に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 支持杭を用いた杭基礎の許容支持力には、基礎スラブ底面における地盤の支持力は加算しない。

2. 杭と杭の中心間隔は、杭径が同一の場合、打込み杭の方が埋込み杭より小さくすることができる。

3. 杭の極限鉛直支持力は、極限先端支持力と極限周面摩擦力との和で表す。

4. 地盤から求める杭の引抜き抵抗力に杭の自重を加える場合は、地下水位以下の部分の浮力を考慮する。

答え

 2

打込み杭は、土を押しのけて杭を地中に挿入するため、杭周辺の地盤が締まる。そのため、杭と杭の中心間隔を大きくとる必要がある。杭と杭の中心間隔は、打込み杭では杭径の2.5倍以上、埋込み杭では杭径の2倍以上とする。

[ No. 8 ]
建築物に作用する荷重及び外力に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 劇場、映画館等の客席の積載荷重は、固定席の方が固定されていない場合より小さくすることができる。

2. 雪止めがない屋根の積雪荷重は、屋根勾配が 60度を超える場合には0とすることができる。

3. 倉庫業を営む倉庫の床の積載荷重は、実況に応じて計算する場合、2,900 N/m2 とすること ができる。

4. 防風林などにより風を有効に遮ることができる場合は、風圧力の算定に用いる速度圧を低 減することができる。

答え

 3

倉庫業を営む倉庫の床の積載荷重は、実況によって計算した値が、3,900 N/m2未満であっても、3,900N/m2としなければならない。

[ No. 9 ]
図に示す荷重が作用する片持ち梁の支点Cに生じるモーメント反力 MC の値の大きさと して、正しいものはどれか。

1. MC = 1 kN・m
2. MC = 4 kN・m
3. MC = 5 kN・m
4. MC =9 kN・m

答え

 3

反力を仮定する。
支点Cは固定端であるから、水平反力Hc、鉛直反力 Vc、モーメント反力Mcを仮定する。
つり合い条件式より、モーメント反力Mcを求める。

Mc = 0 より
- 3kN × 5m + 5kN × 2m + Mc = 0
- 15kN・m + 10kN・m + Mc = 0
Mc = 5kN・m

反力の向きを検討する。
Mcは「+」の値であったので、仮定した反力の向きは正しかった。
∴ Mc = 5 kN・m(時計回り)

[ No. 10 ]
単純梁に荷重が作用したときの梁のせん断力図が下図のようであるとき、そのときの曲げモーメント図として、正しいものはどれか。
ただし、曲げモーメントは材の引張り側に描くものとする。


答え

 3

単純梁の場合、曲げモーメント図はせん断力が(+)の部分では右下がり、(0)の部分では変化なし、(ー)の部分は右上がりとなる。

Pℓ/3 + 2Pℓ/3 ー Pℓ= 0
2Pℓ/3 = Pℓー Pℓ/3
Pℓ/3 ー 2Pℓ/3 + Pℓ/3= 0
2Pℓ/3 = Pℓ/3+ Pℓ/3

[ No. 11 ]
建築に用いられる金属材料に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 鉛は、酸その他の薬液に対する抵抗性や X 線遮断効果が大きく、耐アルカリ性にも優れている。

2. ステンレス鋼は、ニッケルやクロムを含み、炭素量が少ないものほど軟質で、耐食性に優 れている。

3. 銅は、熱や電気の伝導率が大きく、湿気中では緑青を生じ耐食性が増す。

4. 純度の高いアルミニウムは、展延性に富み加工しやすく、空気中では表面に酸化被膜を生じ耐食性が増す。

答え

  1
鉛は比重が大(11.4)で軟らかく、展延性に富み、耐酸性があり、X線遮蔽効果が大きい。しかし、アルカリには非常に弱く、湿気を帯びたコンクリート中では腐食しやすい。

[ No. 12 ]
石材に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 大理石は、ち密で磨くと光沢が出るが、風化しやすく、耐酸性、耐火性に劣る。

2. 花こう岩は、耐磨耗性、耐久性に優れるが、耐火性に劣る。

3. 砂岩は、耐火性に優れるが、吸水率の大きなものは耐凍害性に劣る。

4. 凝灰岩は、強度、耐久性に優れるが、光沢がなく、加工性に劣る。

答え

 4

凝灰岩は、火山から噴出された火山灰が地上や水中に堆積してできた岩石である。加工性、耐火性に優れるが、光沢はなく、吸水性が大きく風化しやすいため、強度、耐久性に劣る。

[ No. 13 ]
日本工業規格(JIS)のドアセットに規定されている性能項目に関する記述として、不適当なものはどれか。

1. スイングドアセットでは、「気密性」が規定されている。

2. スイングドアセットでは、「鉛直荷重強さ」が規定されている。

3. スライディングドアセットでは、「ねじり強さ」が規定されている。

4. スライディングドアセットでは、「開閉力」が規定されている。

答え

 3

スライディングドアセットで定められている性能項目は、開閉力、開閉繰り返し、遮音性、断熱性、耐風圧性、気密性、水密性である。開閉力は規定されているが、ねじり強さは規定されていない。

[ No. 14 ]
アスファルト防水材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. アスファルトルーフィング 1500 の数値 1500は、1巻当たりのアスファルトの含浸量(g)を表している。

2. ストレッチルーフィング 1000の数値 1000は、製品の抗張積(引張強さと最大荷重時の伸び率との積)を表している。

3. 改質アスファルトシートは、合成ゴム又はプラスチックを添加して性質を改良したアスファルトを原反に含浸・被覆させたシートである。

4. 有機溶剤タイプのアスファルトプライマーは、ブローンアスファルトなどを揮発性溶剤に溶解したものである。

答え

 1

アスファルトルーフィングの種類及び品質はJIS A6005に定められており、アスファルトルーフィング1500は、製品の単位面積質量が1500g/m2以上のものをいう。

[ No. 15 ]
塗料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 合成樹脂エマルションペイントは、水と樹脂粒子が融合し、塗膜を形成する。

2. アクリル樹脂系非水分散形塗料は、溶剤の蒸発とともに分散された粒子が結合し、塗膜を形成する。

3. 2液形ポリウレタンワニスは、溶剤の蒸発とともに反応が進み、ウレタン結合を有する透明塗膜を形成する。

4. 合成樹脂調合ペイントは、溶剤の蒸発とともに油分の酸化重合が進み、硬化乾燥して塗膜を形成する。

答え

 1

合成樹脂エマルションペイントは、合成樹脂共重合エマルションやラテックスをベースとして、着色顔料、補助剤、添加剤等を加えた水溶系である。塗布された塗料は、水分が蒸発するとともに樹脂粒子が融合して連続塗膜を形成する。