1級建築施工管理技士 過去問 平成28年 学科3

※   問題番号[ No.21 ]~[ No.33 ]までの 13 問題のうちから、5 問題を選択し、解答してください。

[ No. 21 ]
乗入れ構台の計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.構台の大引材や根太材の構造計算は、強度検討のほかに、たわみ量についても検討した。

2.乗入れ構台は、車の通行を2車線とするため、幅を 5 m とした。

3.乗入れ構台の支柱と山留めの切梁支柱は、荷重に対する安全性を確認したうえで兼用する計画とした。

4.乗込みスロープは、構台への車両の出入りに支障がないようにするため、勾配を 1 / 8とした。

答え

 2

使用する施工機会、車両、アウトリガーの幅、配置及び動線等により決定する。通常、計画される幅員は、4〜10mである。最小限1車線で4m2車線で6m程度は必要である。

[ No. 22 ]
土工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.ボイリングとは、掘削底面付近の砂地盤に上向きの水流が生じ、砂が持ち上げられ、掘削底面が破壊される現象をいう。

2.パイピングとは、粘性土中の弱い所が地下水流によって局部的に浸食されて孔や水みちが生じる現象をいう。

3.ヒービングとは、軟弱な粘性土地盤を掘削する際に、山留め壁の背面土のまわり込みにより掘削底面の土が盛り上がってくる現象をいう。

4.盤ぶくれとは、掘削底面やその直下に難透水層があり、その下にある被圧地下水により掘削底面が持ち上がる現象をいう。

答え

 2

パイピングとは、水位差のある砂質地盤中にクイックサンドが発生し、これが地盤中に拡大して地盤内にパイプ状の孔や水みちができる現象をいう。

[ No. 23 ]
地下水処理に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.ウェルポイント工法は、透水性の高い粗砂層から低いシルト質細砂層程度の地盤に用いられる。

2.ディープウェル工法は、透水性の低い粘性土地盤の地下水位を低下させる場合に用いられる。

3.リチャージ工法は、排水に伴う周辺の井戸枯れの防止に有効であるが、水質が問題になることがある。

4.釜場工法は、根切り部への浸透水や雨水を、根切り底面に設けた釜場に集め、ポンプで排水する重力排水工法の1つである。

答え

 2

ディープウェル工法は、砂層や砂礫層など、透水性の高い地盤の水位を低下させるのに用いられる。

[ No. 24 ]
場所打ちコンクリート杭の施工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.鉄筋かごの主筋と帯筋は、原則として溶接により接合する。

2.オールケーシング工法における孔底処理は、孔内水がない場合やわずかな場合にはハンマーグラブにより掘りくずを除去する。

3.アースドリル工法の掘削深さの確認は、検測器具を用いて孔底の2箇所以上で検測する。

4.リバース工法における2次スライム処理は、一般にトレミー管とサクションポンプを連結し、スライムを吸い上げる。

答え

 1

鉄筋かごの主筋と帯筋は、原則として鉄線で結束して組み立てる

[ No. 25 ]
鉄筋の加工及び組立てに関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、d は 異形鉄筋の呼び名の数値又は丸鋼の径とする。

1. D35 の異形鉄筋を用いる梁主筋を L 形に加工する際に、一辺の加工寸法の許容差を±20mmとした。

2.  SD345、D25 の異形鉄筋を 90°折曲げ加工する場合の内法直径は、 3dとした。

3. 梁の片側がスラブと一体となる L 形梁において、U 字形のあばら筋とともに用いるキャップタイは、スラブ付き側の末端部を 90°曲げとし、余長を 8 d とした。

4. 梁せいが2m の基礎梁を梁断面内でコンクリートの水平打継ぎとするので、上下に分割したあばら筋の継手は、180°フック付きの重ね継手とした。

答え

 2

SD345において、D25の折曲げ内法の直径は、4d(dは鉄筋径)以上とする。(JASS5)

[ No. 26 ]
異形鉄筋の継手及び定着に関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、d は異形鉄筋の呼び名の数値とする。

1. 梁の主筋を重ね継手とする場合、水平重ね、上下重ねのいずれでもよい。

2.  一般階における四辺固定スラブの下端筋の直線定着長さは、10 d 以上、かつ、150 mm 以上とする。

3. 梁の主筋を重ね継手とする場合、隣り合う鉄筋の継手中心位置は、重ね継手長さの 1.0 倍ずらす。

4. 柱頭及び柱脚のスパイラル筋の末端の定着は、1.5 巻以上の添巻きとする。

答え

 3

重ね継手は、1箇所に集中することなく、相互にずらして設けることを原則とする。重ね継手の長さ分ずらすと、継手の端が1箇所に集中し、コンクリートのひび割れの原因となるので避ける。

[ No. 27 ]
厚さ 20 cm の鉄筋コンクリートスラブを通常のポンプ工法で打ち込む場合の型枠の設計に用いる鉛直荷重として、最も適当なものはどれか。 ただし、鉄筋を含んだコンクリートの単位容積重量を 23.5 kN/m3、型枠の自重は 400N/m2 とする。

1. 4,700 N/m2
2. 5,100 N/m2
3. 6,200 N/m2
4. 6,600 N/m2

答え

  4

スラブ型枠設計用荷重(T.L)は、通常のポンプ工法の場合、次式により算出する。

T.L = D.L + L.L
D.L(固定荷重):
コンクリート、型枠の自重で、出題分より23.5kN/m3 × 0.2m
に型枠の質量として400 N/m2を加える。

L.L(作業荷重 + 衝撃):
「労働安全衛生規則」により、1,500N/m2とする。

したがって、鉛直荷重の合計Wは、
W = 23,500 N/m2 × 0.2 + 400 N/m2 + 1,500 N/m2
= 6,600 N/m2
となる。

[ No. 28 ]
コンクリートの調合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 調合管理強度が 21N/mm2の普通コンクリートの場合のスランプは、21cmを標準とする。

2. 計画供用期間の級が標準供用級において、普通ポルトランドセメントを用いる場合の水セ メント比の最大値は 65 % とする。

3. 単位水量の最大値は、185 kg/m3 とし、コンクリートの品質が得られる範囲内で、できる だけ小さくする。

4. 構造体強度補正値は、セメントの種類及びコンクリートの打込みから材齢 28 日までの期 間の予想平均気温の範囲に応じて定める。

答え

 1

調合管理強度が21N/mm2の普通コンクリートのスランプは、18㎝以下とする。(JASS5)

[ No. 29 ]
コンクリートの打込み及び締固めに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.同一区画のコンクリート打込み時における打重ね時間は、先に打ち込まれたコンクリートの再振動可能時間以内とした。

2.打継ぎ面のレイタンスを高圧水洗により取り除き、健全なコンクリートを露出させてから打ち継いだ。

3.梁及びスラブの鉛直打継ぎ部は、梁及びスラブの端部に設けた。

4.コンクリート内部振動機(棒形振動機)による締固めにおいて、加振時間を1箇所10 秒程度とした。

答え

 3

梁及びスラブの鉛直打ち継ぎ部は、一般に応力の小さい、スパン中央付近または端からスパンの1/4〜1/3付近に設ける。

[ No. 30 ]
高力ボルト接合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.呼び径が M22のトルシア形高力ボルトの長さは、締付け長さに 25mmを加えた値を標準とした。

2.高力ボルトの締付け後の余長の検査において、ナット面から突き出たねじ山が、1~6山の範囲にあるものを合格とした。

3.呼び径がM24の高力ボルトの1次締付けトルク値は、約 200 N・m とした。

4.ボルト頭部又はナットと接合部材の面が 1/20を超えて傾斜している箇所には、勾配座金を使用した。

答え

 1

呼び径がM22のトルシア形高力ボルトの長さは締付け長さに35mmを加えた値を標準とする。

[ No. 31 ]
鉄骨の建方に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.梁の高力ボルト接合では、梁の上フランジのスプライスプレートをあらかじめはね出しておき、建方を容易にする。

2.ウェブを高力ボルト工事現場接合、フランジを工事現場溶接接合とする混用接合は、原則 として高力ボルトを先に締め付け、その後溶接を行う。

3.建方時の予期しない外力に備えて、1日の建方終了ごとに所定の補強ワイヤを張る。

4.柱の溶接継手のエレクションピースに使用する仮ボルトは、普通ボルトを使用して全数締め付ける。

答え

 4

柱の溶接継手のエレクションピースの仮ボルトは、建方に必要な本数だけが設けられているので、高力ボルトを使用して全数締め付ける

[ No. 32 ]
建設機械に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.クラムシェルは、垂直掘削深さが 40m程度までの軟弱地盤の掘削に用いられる。

2.最大混合容量 4.5m3 のトラックアジテータの最大積載時の総質量は、約 20 t である。

3.ブルドーザーの平均接地圧は、全装備質量が同程度の場合、普通ブルドーザーより湿地ブルドーザーの方が大きい。

4.油圧式トラッククレーンのつり上げ性能は、アウトリガーを最大限に張り出し、ジブ長さを最短にし、ジブの傾斜角を最大にしたときにつり上げることができる最大の荷重で示す。

答え

 3

全装備10t の場合、湿地ブルドーザーの接地圧は 約0.3kgf/㎝2であるのに対し、一般ブルドーザーは 約0.6kgf/㎝2である。湿地ブルドーザーの平均接地圧は、普通ブルドーザーより小さい。

[ No. 33 ]
鉄筋コンクリート造の建築物の躯体解体工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.圧砕機の地上作業による解体では、作業開始面の外壁から1スパンを上階から下階に向かって全階解体し、オペレーターの視界を確保した。

2.圧砕機の階上作業による解体に先立ち、解体したコンクリート塊を下部に落とすための開口部をハンドブレーカにより各階に設けた。

3.大型ブレーカの階上作業によるスラブや梁など水平材の解体作業は、大型ブレーカの走行階の部材を後退しながら解体した。

4.外壁の転倒解体工法において、1回の転倒解体部分は、柱2本を含み、幅は1〜2スパン 程度とし、高さは2層分とした。

答え

 4

外壁の転倒解体は、安全上、転倒体の大きさが過大とならないように、高さは1層分以下、幅を1〜2スパン程度とし、また、原則として、柱2本以上を含むようにして、転倒時のねじれ発生を防止する。