1級建築施工管理技士 過去問 平成26年 学科3

※   問題番号[ No.21 ]~[ No.33 ]までの 13 問題のうちから、5 問題を選択し、解答してください。

[ No. 21 ]
乗入れ構台及び荷受け構台に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
1.車両動線を一方通行とする乗入れ構台の幅は、4 m とした。

2.乗入れ構台の支柱の位置は、基礎、柱、梁及び耐力壁を避けて、5 m 間隔とした。

3.荷受け構台の作業荷重は、自重と積載荷重の合計の 5 % とした。

4.荷受け構台への積載荷重の偏りは、構台全スパンの 60 % にわたって分布するものと仮定した。

答え

 3

荷受け広大の作業荷重は、自重と積載荷重の合計の10%とする。(JASS2)

[ No. 22 ]
根切り工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.粘性土地盤を法付けオープンカット工法で掘削するので、円弧すべりに対する安定を検討した。

2.法付けオープンカットの法面保護をモルタル吹付けで行ったので、水抜き孔を設けた。

3.掘削深さが 1.5 m 以上であり、法付けができなかったので、山留めを設けた。

4.掘削深さが 5 m の砂からなる地山を手掘りとしたので、法面の勾配は 45 度とした。

答え

 4

砂からなる地山にあっては、掘削面のこう配を35度以下とし、又は掘削面の高さを5メートル未満とする。(労働安全衛生規則 切土法面の土砂崩壊防止に関する規則 )

[ No. 23 ]
山留め工事の管理に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.山留め壁周辺の地盤の沈下を計測するための基準点は、工事の影響を受けない付近の構造物に設けた。

2.水平切梁工法において、切梁に導入するプレロードは、設計切梁軸力の 100 % に相当する荷重とした。

3.山留め壁の頭部の変位を把握するために、トランシットやピアノ線を用いて計測した。

4. H 形鋼を用いた切梁の軸力を計測するためのひずみ計は、2台を対としてウェブ両面に設置した。

答え

 2

水平切梁工法におけるプレロードの導入は、設計切梁軸力の50〜80%程度とする。設計切梁軸力の100%まで導入すると、全体のバランスを悪くしたり、切梁の蛇行が生じたりするなどの弊害を起こす可能性がある。

[ No. 24 ]
場所打ちコンクリート杭の施工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.リバース工法では、孔内水位を地下水位より 2m 以上高く保つ。

2.アースドリル工法における安定液は、必要な造壁性があり、できるだけ低粘性茜低比重のものを用いる。

3.オールケーシング工法では、コンクリート打設中にケーシングチューブの先端を常にコンクリート上面より 2m 以深に保持する。

4.杭頭部の余盛りの高さは、孔内水が多い場合には 500 mm 程度とする。

答え

 4

杭頭部の余盛りの高さとは、天端の最も低い位置で確保する。一般的には鋼管の外側が低くなるため、鋼管の外側の計測値により確認する。余盛り500mm以上

[ No. 25 ]
鉄筋の加工及び組立てに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
ただし、d は異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。

1.梁の腹筋は、末端部が柱際に配置する第1あばら筋と結束できる長さとした。

2.末端部の折曲げ角度が 135 °の帯筋のフックの余長を 4d とした。

3.杭基礎のベース筋は、両端を曲げ上げて、末端部に 90 °フックを設けた。

4.床開口部補強のための斜め補強筋は、上端筋及び下端筋の内側にそれぞれ配筋した。

答え

 2

135° フックの場合の余長は 6 d である。
(角度)(余長)
 180°  4 d
 135°  6 d
  90°   8 d

[ No. 26 ]
鉄筋の継手及び定着に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
ただし、d は異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。

1.柱に用いるスパイラル筋の重ね継手の長さは、40d 以上、かつ、200 mm 以上とした。

2.180 °フック付き重ね継手の長さは、フックの折曲げ開始点間の距離とした。

3.壁縦筋の配筋において、下階からの縦筋の位置がずれていたので、鉄筋を折り曲げないであき重ね継手とした。

4.梁下端筋の柱梁接合部への定着は、梁下端筋を曲げ上げる形状で定着させた。

答え

 1

スパイラル筋の重ね継手は50d以上かつ、90° フック余長12d以上又は135°フック余長 6d以上。

[ No. 27 ]
型枠の設計に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.コンクリート打込み時の側圧に対するせき板の許容たわみ量は、5 mm とする。

2.大引のたわみは、単純支持と両端固定の支持条件で計算した値の平均値とする。

3.コンクリート打込み高さが 1.5 m 以下の型枠の側圧は、フレッシュコンクリートの単位容積質量に重力加速度とフレッシュコンクリートのヘッドを乗じた値とする。

4.パイプサポートを支保工とするスラブ型枠の場合、打込み時に支保工の上端に作用する水平荷重は、作業荷重を含む鉛直荷重の5 % とする。

答え

 1

側圧に対するせき板の許容たわみ量は、3mm以下である。

[ No. 28 ]
コンクリートの調合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.アルカリシリカ反応性試験で無害でないものと判定された骨材は、コンクリート中のアルカリ 総量を 3 kg/m3 以下とすれば使用することができる。

2.水セメント比を低減すると、コンクリート表面からの塩化物イオンの浸透に対する抵抗性を 高めることができる。

3.高強度コンクリートに含まれる塩化物量は、塩化物イオン量として 0.35 kg/m3 以下とする。

4.コンクリートの調合管理強度は、品質基準強度に構造体強度補正値を加えたものである。

答え

 3

高強度コンクリートの塩化物量は、一般コンクリート同様に塩化物イオン量として、0.3kg/m3以下とする。(JASS5)

[ No. 29 ]
コンクリートの養生に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.寒中コンクリートで加熱養生を行う場合は、コンクリートに散水をしてはならない。

2.湿潤養生を打ち切ることができる圧縮強度は、早強ポルトランドセメントと普通ポルトランドセメントでは同じである。

3.暑中コンクリートの湿潤養生の開始時期は、コンクリート上面においてはブリーディング水が消失した時点とする。

4.寒中コンクリートの初期養生の期間は、圧縮強度が5 N/mm2 に達するまでとする。

答え

 1

寒中コンクリートで加熱養生中は、湿度が極めて低くなりやすく水分の蒸発が促進されるので、コンクリートが乾燥しないように散水などによって保湿に努める。

[ No. 30 ]
高力ボルト接合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1. 高力ボルトの摩擦接合面は、グラインダー処理後に自然発生した赤錆状態であれば、すべり係数0.45 を確保できる。

2.  溶融亜鉛めっき高力ボルト M22 を用いる場合のボルト孔径は、高力ボルト M22 の孔径と同じ としてよい。

3. トルシア形高力ボルトについて、締付け位置によって専用締付け機が使用できない場合には、JIS 形の高力ボルトと交換し、トルクレンチなどを用いて締め付ける。

4. ナット回転法による締付け完了後の検査は、1次締付け後の本締めによるナット回転量が120 °~ 45 °の範囲にあるものを合格とする。

答え

 4

ナット回転法による締付け完了後の検査は、1次締付け後のナットの回転量120° ±30° の範囲にあるものを合格とする。(JASS6)

[ No. 31 ]
鉄骨の建方に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.本締め前の梁上に材料を仮置きするにあたり、仮ボルトの本数が不足していたので本数を割り 増すとともに、水平外力に対する補強ワイヤの確認を行った。

2.架構の倒壊防止用に使用するワイヤロープを、そのまま建入れ直し用に兼用した。

3.スパン間の計測寸法が正規より小さかったので、ワイヤによる建入れ直しの前に、梁の接合部のクリアランスに矢を打ち込んで押し広げた。

4.高力ボルト摩擦接合における仮ボルトの締付け本数は、本締めを行うときの高力ボルトの一群のボルト数の  1/3  程度、かつ、2本以上とした。

答え

 4

仮ボルトの締付けにおける一群は、本締めを行うときの高力ボルトの一群と異なる。また、高力ボルト摩擦接合における仮ボルトは中ボルト等を用い、締付け本数は、一群のボルト数の1/3程度かつ2本以上を確保し、強風・地震等の想定される外力をもとに決定する。

【 参考 】
締付け施工用ボルト群の定義とボルト締付け順序.jpg
締付け施工用ボルト群の定義とボルト締付け順序

仮ボルト締付けの1群の考え方.jpg
仮ボルト締付けにおける1群の考え方

[ No. 32 ]
揚重運搬機械に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.建設用リフトの停止階には、荷の積卸口に遮断設備を設ける。

2.建設用リフトの運転者を、搬器を上げたままで運転位置から離れさせてはならない。

3.タワークレーンが地表から 60 m 以上の高さとなる場合は、原則として、航空障害灯を設置する。

4.ジブクレーンの定格荷重は、フック等のつり具の重量を含めたものである。

答え

 4

ジブクレーン等ジブを有するものの定格荷重とは、負荷させることのできる最大の荷重からフック等の重量を控除した荷重のことである。(クレーン等安全規則)

[ No. 33 ]
鉄筋コンクリート造の耐震改修工事における柱補強工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、d は異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。

1.溶接閉鎖フープ巻き工法において、フープ筋の継手は、溶接長さが片側 10 d 以上のフレア溶接とした。

2.溶接金網巻き工法において、溶接金網に対するかぶり厚さ確保のため、溶接金網は型枠 建込み用のセパレーターに結束して固定した。

3.角形の鋼板巻き工法において、角部の鋼板の曲げ加工は、内法半径を板厚の2倍とした。

4.連続繊維補強工法で炭素繊維シートを用いたシート工法において、シートの水平方向の重ね継手位置は柱の各面に分散させ、重ね長さは 200 mm 以上とした。

答え

 3

角形の鋼板巻き工法において、角部には内法半径が板厚の3倍以上のアールを設ける